法医学のミステリー (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論社
2.89
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 29
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122011809

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やや難解な文章で権威的で言い訳がましい

  •  
    ── 渡辺 孚《法医学のミステリー 19841210 中公文庫》P11
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4122011809
     
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/19490806
     弘前大学教授夫人殺し ~ 弘前事件・松永事件・那須事件 ~
     
    (20141030)
     

  • 冤罪が一つのキーワードであるが、一つ一つの事件について経緯と自信の考えをつづっただけ。司法制度や捜査方法への不満、不完全さを多く指摘するが、どうしても一面的な感はぬぐえない。一冊の本として何かを主張しているとも感じられない。おもしろくない

  • 法医学の第一人者による、科学捜査体験記。
    たとえ科学捜査でも、完全に客観的じゃないんだね。

  • 父の本棚から・・・文体が軽妙で読みやすい。興味深いエピソードが多い。上野正彦さんの原点はこの辺なのだろうか。古い人なのにあまり古さを感じさせない。

全6件中 1 - 6件を表示

渡辺孚の作品

ツイートする