コンスタンチノープル (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122014046

作品紹介・あらすじ

第一次世界大戦前、ドイツの近東外交政策の犠牲となり、トルコ皇帝に売られハレムに幽閉された財閥夫人エリス・ケルレルの数奇な物語。ハレムの女からサルタンの妃にのし上がった運命の女を描く長篇。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 実家の本棚で発見。「淫獣トリステサ」の人です。
    昭和62年発行の中公文庫です。
    コンスタンチノープルって、君府って書くんですね~

    トルコのサルタンに売られハレムに幽閉されたエリスの
    成り上がり復讐譚。
    トルコの新聞ボズナリ・ズハニ紙上へ暴露した手記なんて
    わざとらしい体裁を取ってて、
    これってあれよ、古川日出男の「アラビアの…」じゃないの!

    橘読者ならこのヒロイン、必ずや萌えるでしょう。
    なにせ王子を産みハレムをのし上がり、
    ジョルジア狼(コーカサス狼ともスマリタロとも)を集めて飢えさせ、
    自分を今の境遇に陥れた関係者をその狼の檻に、
    ハレムのライバル達の前で突き落として喰わせ、
    復讐と牽制を一度にやっちゃうという ^^;

    待女ハリダの前で、檻の狼を棒でつつき回す。
    胴、前脚、そして左目をグサリ。
    「ハリダ、見て御覧!
    …この世の中は楽しい!生きていることが楽しい!
    …生きていることの楽しさのわからぬ者はみんな逃げ出すのです!
    そして楽しさのわかった者だけがここにその喜びを味わう。
    ハリダ!生きていることは楽しいのだよ!…」
    違う状況で言われたなら、
    至極真っ当な御意見とは思うんですが… ^^;

全1件中 1 - 1件を表示

橘外男の作品

コンスタンチノープル (中公文庫)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする