日の移ろい (中公文庫)

著者 : 島尾敏雄
  • 中央公論社 (1989年12月10日発売)
3.38
  • (0)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :19
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (391ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122016668

作品紹介

心塞ぐ思いの日々。人びとをどこか拒否する心。ながく「私」にはりついていて、決して離れようとはしない、執拗な鬱。日記という形式で日常を追いながら、日日の出来事とそれを感受する心の戦き、あらがいのさまを微細に観察し、記録することで、最上の文学に熟成させた名作。谷崎潤一郎賞受賞作。

日の移ろい (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 島尾せんせいのこころをこの世のありとあらゆるものが塞いでゆく・・・

    目の先がくらくなったってあんあた・・・

  • 少女キミヨちゃんが出てくると著者の気分がちょっとよくなるところなど笑えるが、後半はかなり鬱が進行してきているようだ。

全2件中 1 - 2件を表示

日の移ろい (中公文庫)のその他の作品

日の移ろい 単行本 日の移ろい 島尾敏雄

島尾敏雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トルーマン カポ...
ノヴァーリス
フランツ・カフカ
ポール オースタ...
ジャン ジュネ
安部 公房
有効な右矢印 無効な右矢印

日の移ろい (中公文庫)はこんな本です

ツイートする