闇から来た少女―ドールズ (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論社
4.00
  • (8)
  • (4)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122016682

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ドールズシリーズ、1作目。

    ホラー物があまり好きでないため、高橋克彦作品の中ではこれまで敬遠していたシリーズなのだが、最近、このシリーズが完結したというので読んでみた。しかしながら、もともとシリーズとしてあらましを知っていたせいか、それほど怖いという感覚は覚えずに済み、むしろ目吉に愛着が湧く。まぁ、ホラーというかオカルト系かな。ミステリとしても上手くマッチしていて、ホラーが苦手な私でも楽しめた。文中に散りばめられた蘊蓄も興味深い。これからのシリーズを読むのが楽しみになりました。

  • 盛岡で喫茶店“ドールズ”を経営する月岡真司の7歳になる娘・怜が、雪道で車にはねられ重傷を負った。だが入院中の彼女は、次々と不可解な症状を示し始めた。さらに深夜奇妙な行動をとり、人形に異常な執着をみせる。怜の叔父・結城恒一郎は、人形作家の小夜島香雪とともにその謎を探るが。異色の長篇ホラー・サスペンス。
    .。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.

  • 最初の男女はここに繋がるのか〜と、初っ端から推理力のなさを痛感してみたりw
    そういう事だったのか、と納得しながら読んでました。

    見知った子供がこんなになったりしたら……。
    受け入れられるかどうかと問われたら、分からないと答えます。
    そんな自分から考えると、周囲の人達はすごいな〜と。
    受け入れる過程が、納得出来る歩幅でした。

    一気に読み進められて面白かったですw

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    盛岡で喫茶店“ドールズ”を経営する月岡真司の7歳になる娘・怜が、雪道で車にはねられ重傷を負った。だが入院中の彼女は、次々と不可解な症状を示し始めた。さらに深夜奇妙な行動をとり、人形に異常な執着をみせる。怜の叔父・結城恒一郎は、人形作家の小夜島香雪とともにその謎を探るが。異色の長篇ホラー・サスペンス。

  • 目吉センセーとの出会いの本。
    ストーリーも、登場人物も、とてもいいです。

全6件中 1 - 6件を表示

闇から来た少女―ドールズ (中公文庫)のその他の作品

高橋克彦の作品

ツイートする