六機の護衛戦闘機 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論社
4.00
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122017429

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 任務を遂行できなかったとはいえ、散らざるをえなかった、六機の護衛戦闘機搭乗員達の戦闘記録。
    悲愴感ばかりを強調していないので、割とサラッと読めたかな。

  •  1943年4月18日に起こった海軍甲事件。
     時の連合艦隊司令長官が乗っていた陸攻が待ち伏せにより撃墜された事件。本書はその陸攻を護衛していた戦闘機に乗っていた六人のその後を辿っている。
     それぞれに色々な想いを抱えて何度も何度も命令のままに出撃していくその記録は過酷。数奇な運命で生き残った者、散っていった者、その六人の軌跡が切ないです。
     また、杉田上飛曹は数々の傷を負うも内地に帰り、そこで三四三空に配属されていたのには驚いた。三四三空の話も読んでいたが、別人だと思ってた。

  • 4122017424 232p 1990・9・30 再販

  • 詳しい感想は<a href="http://zero.s79.xrea.com/zero/archives/2004/12/post_59.php">こちら</a>

全4件中 1 - 4件を表示

六機の護衛戦闘機 (中公文庫)のその他の作品

高城肇の作品

ツイートする