太陽と砂漠の国々―ユーラシア大陸走破記 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論社
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (421ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122018211

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2014.8.10 読了

  • 1964年、東京オリンピックを記念してアテネからカルカッタ(現コルカタ)間の聖火リレーの足取りを車で走破した旅の記録。
    車はダイハツのベルリーナ。排気量800ccと言う小さな車で街を走り、砂漠を横断し、河を渡り、と進み続けます。
    メンバーはこの企画をした毎日新聞社員2名、ダイハツ工業社員4名の計6人。全員冒険家でも何でもない、ただのサラリーマン。
    会社に指名されての走破行。
    トラブルあり、人間関係のいざこざありの日々を飾らない文章で綴っています。
    イラン、アフガニスタン、パキスタンと言った現代では物騒で走れない場所もあり、再現不可能な旅の日々。
    イランがまだパーレビ王朝であったり、エルサレムがヨルダン領だったりと歴史の流れを感じます。

全2件中 1 - 2件を表示

徳岡孝夫の作品

太陽と砂漠の国々―ユーラシア大陸走破記 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
ツイートする