あじさい前線 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論社
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122019010

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 藤倉朝子は14年の結婚生活に終止符をうった後、
    結婚前に付き合いのあった男たちに手紙を出しました。
    付き合いの濃淡はあっても、その数8人。

    手紙に待ち合わせの日時と場所を書き送ったとはいえ、差出人の住所のない手紙に、受取人も返事の書きようがありません。

    九州から東北まで、紫陽花の開花時期をなぞるように朝子も北上します。

    男たちは、どんな気持ちで手紙を読んだのか。
    待ち合わせ場所に姿を現したのか。
    現れたとしたら、何を期待してきたのか・・・・
    そして、朝子はなぜそんな手紙を送ったのか。

    若い時ならいざ知らず、ある程度の年齢になってから何か人生の節目を迎えた時、それまでの足跡をたどろうとする気持ちが湧きます。

    女を描き、男を描いた、自分自身に距離を置いた冷静さと、男と女であった昔を思いおこす熱が交互に顔をだす物語です。

  • 2012.12.15

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1948年愛知県生まれ。1978年『変調二人羽織』で第3回〈幻影城〉新人賞に入選。1981年「戻り川心中」で第34回日本推理作家協会賞、1984年『宵待草夜情』で第5回吉川英治文学新人賞、同年『恋文』で第91回直木賞、1996年『隠れ菊』で第9回柴田錬三郎賞を受賞。2013年10月19日に逝去。著書多数。日本の多くのミステリー作家に多大な影響を与え、他界後も多くの作品が再刊されている。2014年日本ミステリー文学大賞特別賞を受賞。

あじさい前線 (中公文庫)のその他の作品

あじさい前線 単行本 あじさい前線 連城三紀彦

連城三紀彦の作品

あじさい前線 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする