昭和幻燈館 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.62
  • (4)
  • (5)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 78
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122019232

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 昭和への追憶を綴ったエッセイ集。妖しく艶めかしい。映画、文学、建築、挿絵、童謡、歌謡曲、狂女、制服と対象は多岐に渡る。戦時下で人外境を夢見た久世少年は、死の影に怯えながら死にゆくものの美しさに魅せられた。乱歩、ヴィスコンティ、夢二、久坂葉子、野溝七生子、それに同潤会アパート…これらのキーワードに反応せずにいられない人ならきっと、著者と一緒に心を震わすに違いない。先ごろ野溝七生子の著書を読んだばかりだ。故に彼女の謎にくるまれた晩年の孤高の尊さと死に際の正しさに感嘆した。「老婆の少女の声は、山梔の香りがする」

  • ぞくぞくする昭和のかほり。

  • 久世光彦のここから後の一連の本のミソがぎゅっと詰まってます。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1935年東京生まれ。演出家、小説家、随筆家。おもな演出作品に『寺内貫太郎一家』『時間ですよ』、小説に『一九三四年冬─乱歩』、エッセイに『触れもせで─向田邦子との20年』など。2006年没。

「2021年 『「女」のはなし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

久世光彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
杉浦日向子
遠藤 周作
ウラジーミル ナ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×