脳は語らず (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論社
3.15
  • (1)
  • (2)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :38
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (339ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122020436

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 内容的にはロボトミーの話というよりも 教授選のドロドロした部分、人を陥れて自分がのし上がるような裏が見えてくる感じでした

  • 渡辺淳一氏の医学小説で、身内から勧められて読んだが、意外にハマっておもしろかった。ただし小説に出てくる治療や手術は、今の医療には合わないやや古い内容なので、ちょっと違和感を感じたのは御愛嬌か。渡辺氏の初期の医学小説は、迫力があり、好きでかなり読みました。この本もお気に入りの1冊に加えます。

  • 面白くなかった。

  • 最高

全4件中 1 - 4件を表示

脳は語らず (中公文庫)のその他の作品

脳は語らず (新潮文庫) 文庫 脳は語らず (新潮文庫) 渡辺淳一

渡辺淳一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする