女帝エカテリーナ 2 (中公文庫 コミック版 い 1-2)

著者 :
  • 中央公論新社 (1994年9月1日発売)
3.62
  • (13)
  • (15)
  • (30)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 158
感想 : 11
  • Amazon.co.jp ・マンガ (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122021464

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この巻で今更、ベルサイユのばらより少し前の時代が舞台なことに気づいた。
    ラストで出てきたイヴァン6世の置かれてた状態が、あまりに非人道的でショッキングだったので、読了後に気になってイヴァン6世について調べてみたら、彼は殺されるまであの状態に置かれていたそうだ…

    ついでにエカテリーナ二世についてもちょっと調べてみたけど、この漫画の面白さのピークはこの巻で終わりかもしれない。

  • 3巻に書きました

  • 2015年7月14日読了。ロシア王朝に嫁いだエカテリーナが政敵や自らを疎んじる夫ピョートルの妨害を退けて生き延び、女帝として即位するまで。エカテリーナという人は、何事も外的要因のせいにしてあきらめることを良しとせず、「自分でこれを成し遂げる」と決断したことを実行し続けた人だったのだなあ…と思う。実物は漫画に描かれているような絶世の美女でも悲劇のヒロインでもなかったのかもしれないが、このような人が現実に存在して、世界に大きな影響を与えたということはそれだけですごいことだと思う。ヒロインの男装シーンは、この著者のお約束か。

  • 大黒屋光太夫が命がけで会いに行った人。ドイツからお嫁に来てロシアを大きく発展させた賢帝。「ベルサイユのバラ」の池田理代子先生が流石の腕前で読ませてくれます。おすすめです。

  • ドイツ出身の貧乏貴族のお姉さんが、一滴もロシアの血をひかないのにロシアの女帝になるお話。
    旦那さんがビジュアルも内容もお粗末ってこともあるけど、よほど自分は選ばれた人間だって意識があったんだろうね。
    しかし、愛人を持つのは当たり前。
    それどころか愛人の子供産んで、その子を堂々と後継者にしようって考えはスゴイ。
    相手も彼女自身を好きなのか女帝という立場の女性が好きなのか、こうなるとよくわかんないな~。

  • 最後の勝利者になりたければ時が自分を選んでくれるのをじっと待つことよ。運命が自分に向かって微笑みかけるのを注意深く目をこらして辛抱強く待つ以外ないわ。
    幸福も不幸も結局はそれぞれの心と魂の中にあるものだ。もしも不幸の近づくのを感じたら、毅然としてその不幸より高いところにわが身を置くがいい。
    そうやって心をたかくところへ置くことができるように鍛錬したのだ。

  • 雌伏のときを経てついに支配者への道に踏み出す。

    ここまで来るのにかなり苦労しはったんやなあ、と。

  • 血で血を洗うロシア王宮!勝つのは誰だ!
    この女!顔がベルばらのミラボーちゃんじゃないの!

  • ピョートルがエカテリーナから離れて行き、エカテリーナは運命が自分に向いてくるのを待っていた。女王陛下崩御の後に、エカテリーナを玉座へと望む勢力も現れ、クーデターを起こすことを持ちかけられるが…。
    授業でエカテリーナ二世が啓蒙専制君主だったと習ったのですが、これを読めばその理由が解ります。
    (2008.1.27)

  • 2008/2/6

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1947年12月18日大阪市生まれ。
東京教育大学(現・筑波大学)文学部哲学科在学中より漫画を描き始め、1972年から連載を始めた代表作『ベルサイユのばら』は空前のヒットを記録し、宝塚歌劇団の舞台でも上演されるなど、漫画の枠を超え幅広い層に永く愛される。
現在は活動の幅を広げ、劇画家、声楽家としても活躍の幅を広げている。

主な作品
『ベルサイユのばら』
『オルフェイスの窓』
『女帝エカテリーナ』
『天の涯まで-ポーランド秘話-』
『栄光のナポレオン-エロイカ-』
『おにいさまへ…』

「2013年 『聖徳太子(7) <完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池田理代子の作品

ツイートする
×