キャンディ・キャンディ (6) 中公文庫―コミック版

  • 中央公論社
3.73
  • (9)
  • (2)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 78
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122023543

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 優しく明るいステアとの別れ。

    アンソニー、ステアと、幼い頃からの
    キラキラした思い出の詰まった大切な人を
    次々に失っていくアーチー、
    愛する人を失ったことを受け止めきれない
    パティのこれ以上ない悲しみが辛い。

    キャンディも恋に辛い別離にと苦しむ中、
    悩みや悲しみを2つに割ってぼくにくれないかと、
    優しい約束をくれるアルバートさん。

    穏やかで大きな愛に包まれて、丘の上で見た景色と
    懐かしく甦る探し続けたあの日の王子様。
    幸せなその後も見てみたいけれど、
    描きすぎず、大きな陽だまりに包まれるような
    ラストが大好き。

  • ジョルジュはもっと早くウイリアムの命令に背くべきでした。絵作りはさほど少女漫画ではないかと。少年漫画はタイル状に並べて、少女漫画は重ねてくるとしてですけど。

  • アンソニーの死よりも、テリーとの別れよりも、ステアの死が一番辛かった(T_T)

  • 昔はキャンディが大嫌いだったのに、今はキャンディに一番感情移入する。

  • やべぇ、ステアが死んだ場面でまた泣いてしまったorz
    中年はやだねー

  • 全6巻かな

  • こてこての少女マンガ

  • やっぱり名作。最後はハッピーエンドでないと。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

いがらしゆみこ

1950年、北海道旭川市生まれ。漫画家を志し単身上京、東京の高校に編入する。1968年、高校3年在学中にデビュー、その後、少女漫画誌「なかよし」の専属作家として活躍する。75年以降、精力的に長篇を発表し、77年、第1回講談社漫画賞受賞。漫画家生活20周年を契機に文章を書く仕事も始め、漫画の原作および少女小説も執筆。主な作品に『キャンディ・キャンディ』(原作・水木杏子)、『ジョージイ!』(原作・井沢満)、『ムカムカパラダイス』(原作・芝風美子)、『メイミーエンジェル』『赤毛のアン』『ロミオとジュリエット』『おーい!動物キャラバン』他多数ある。画業50周年を契機に「週刊女性自身」に「エレクトラ」(原作・佐藤博之)を執筆中。

「2020年 『ワイド版 マンガ日本の古典13 とはずがたり』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いがらしゆみこの作品

ツイートする
×