文章読本 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.72
  • (107)
  • (104)
  • (189)
  • (12)
  • (3)
本棚登録 : 1497
レビュー : 123
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122025356

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 誰にでもわかりやすく書くこと。
    かつ長く記憶に残るような文章を心がけること。
    しかし間隙を作り、説明しすぎてはいけない。
    日本人の性質に合わせて日本語を使うという
    谷崎の哲学が私は大好きだ。

    文章を書くプロなら当たり前なのかもしれないが、
    ルビや送り仮名にも神経を使う緻密さに驚いた。
    美しい文章を書く谷崎潤一郎だからこそ大いに説得力のある本。
    「陰翳礼讃」と合わせて読むとより谷崎の美学が理解できると思う。

  • 実際に必要な言葉だけで書く

    分かりやすい言葉で書く
    その為には、同義語のうちどれが適しているか考えて、それを選ぶ
    最適な言葉はただ一つしかない

  • "重厚な内容で、難しいところもあり、何度か読み直さないと身につかない。
    まず、「ゐ」や「ゑ」「を」などなど、現代の言葉使いとは違うひとつ前の世代の文章で書かれているところで躓く人もいるかもしれませんが、根気強く読みつつけていくと、所々でなるほど~とうなることになります。
    母国語でさえおぼつかない自分が外国の言葉を覚えようなんておこがましく感じてしまう今日この頃。"

  • 文章の品格や含蓄などが説かれている。
    テーマは深いが平易に述べられており、とても興味深く読み進められた。
    日本人として日本語のことをあらためて考えさせられる良書と思う。

    興味深かったのは、発想法と通ずるところがあるなと感じた以下の内容。

    『最初に思想があって然る後に言葉が見出だされると云ふ順序であれば好都合でありますけれども、実際はさうと限りません。その反対に、先づ言葉があって、然る後にその言葉に当て篏まるやうに思想を纏める、言葉の力で思想が引き出される、と云ふこともあるのであります。一体、学者が学理を論述するやうな場合は別として、普通の人は、自分の云はうと欲する事柄の正体が何であるか、自分でも明瞭には突き止めてゐないのが常であります。』

    。。。ほんとうに、そう思います。

    この本は、約90年前くらいに著された本ですので、少しなじみのない漢字が出てきます。この漢字の読みだけで敬遠するのは、あまりに惜しい。

    以下になじみのない漢字の読みを挙げておく。

    斯く かく
    因る よる
    蓋し けだし
    憾 うらみ
    孰方 どちら
    唯 ただ
    覚束ない おぼつかない
    漸く ようやく
    暫く しばらく
    窺われる うかがわれる
    俄 にわか
    嘗て かつて
    而 そして
    而も しかも
    耽る ふける
    殊に ことに
    雖も いえども
    閃めく ひらめく
    敢えて あえて
    婉曲 えんきょく
    毀誉褒貶 きよほうへん
    敷衍 ふえん
    截然 せつぜん 物事の区別がはっきりしているさま
    已む やむ
    繙く ひもとく
    嘗て かつて
    寔に まことに
    儘 まま
    拵へる こしらへる
    最早 もはや
    拵へる こしらえる
    啻 ただ
    恰 こう、あたか(も)
    聊か いささか
    亦 また
    悉く ことごとく
    旁旁 かたがた
    恣 ほしいまま
    夙に つとに
    涵養 かんよう
    苟くも いやしくも
    扨 さて
    屢々 しばしば
    徒ら いたずら


    以下、当書籍の要約。
     『言語は他人を相手にする時ばかりでなく、ひとりでものを考えるときにも使う』が、『心に思っていることなら何でも現わせるというものではなく』、『思想を型にいれてしまう』場合もある。また、『口語体の文章ならどんなことでも「分からせる」ように書ける、と考えやすい』が、これも間違いであるようだ。
     記憶に留まるような、読めば読むほど味が出るような文章は、『「分からせる」ように、「理解させる」ように書く』。『実際に声を出して暗誦し、それがすらすらと云へる』よう、『字数はできるだけ減らし、(中略)形容詞なども、最も平凡で、最も分かり易く分かり易くて、最もその場に当て嵌まるもの一つだけを選ぶ(中略)もう此れ以上圧縮出来ないと云ふ所まで引き締め・・・』なければならない。
     『あらゆる点でいい過ぎ、書き過ぎ、しゃべり過ぎ』、『無駄な形容詞や副詞が多い』、『事柄の正体が何であるか、自分でも明瞭には突き止めていないのが常』であり、『言葉を惜しんで使うということも、なかなか生やさしい業でない』。
     『言葉や文字で表現出来ることと出来ないこととの限界を知り』、『文法に囚われず』、『言葉というものは不完全だから、眼と耳に訴えることが表現の不足を補う』など、『芸術的の手腕を要するところ』があり、『一 饒舌を慎しむこと 二 言葉使ひを粗略にせぬこと 三 敬語や尊称を疎かにせぬこと』など、礼儀も保たねばならない。『「饒舌を慎しむこと」が肝腎でありますが、さうかと云つて、無闇に言葉を略しさへすればよいと申すのではありません』ととどめも刺される。さすが礼儀だけあり、簡単ではない。これは国民性に根差すところであるが、『自分の思うことや見たことを洗いざらいいってしまおうとせず、いくぶんか曖昧に(中略)。己れを空しうして天を敬ひ、自然を敬ひ、人を敬ふ謙遜な態度、それから発して己の意志を述べることを控へ目にする心持の現はれでありまして、品格と云ひ、礼儀と云ひますのも、結局は此の優雅の徳の一面に外ならない』、『先づ何よりもそれにふさはしい精神を涵養することが(中略)優雅の心を体得することに帰着する』とある。とても深いが、『或る感情を直接にそれと云はないで表現することが、昔の詩人や文人の嗜みになってゐた』ようである。
     名文への道のりは険しいが、『心がけと修養次第で、生れつき鈍い感覚をも鋭く研ぐことが出来る』。『出来るだけ多くのものを、繰り返して読むことが第一』、『実際に自分で作ってみることが第二』。文章に限ったことではないが、『自分で習ふと、他人の巧い拙いが見える』から、『鑑賞眼を一層確かにするためには、矢張自分で実際に作ってみる』。また何より『講釈をせずに、繰り返し繰り返し音読せしめる、或は暗誦せしめると云ふ方法(中略)、実は此れが何より有効』とのこと。 
     『一定の錬磨を経た後には、各人が同一の対象に対して同様に感じるように』ということだから、愚直に修養してゆくしかないであろう。

  • 宇多田ヒカルがだいぶ昔に三島由紀夫の文章読本を好きな本に挙げていたのを目にしたときにそういう類の本があることを知って以来、今やっと自分なりのタイミングと思い読んでみた。谷崎のほうだけどな。
    技巧的な話題もあるもののだんだんと谷崎自身の「俺の考える最強の日本語の文章」みたいな話になって最終的には「この本の文章の書き方を頭から見返せば自ずと分かるはず、そして一にも二にも感覚を磨くべし」的にメタに結論をまとめるという後半読み進めたあたりからの嫌な予感が見事に的中したのに苦笑いして読み終えた。
    感じることを全て文章で書き現わすことはできないので、その限界を知ることと、それゆえ省くことが肝要であり、日本語にはもとよりその仕組みが備わっているのというのが全体の主張だと理解した。

  • ◯流れるような文章に対して、内容は理路整然と論理的に文章の書き方や、読ませ方が書かれており、新しい感覚というか、不思議な本であると感じた。
    ◯書き手が何を思ってその文章としたかを読み解ける視点も得られ、書くことを知ることで読むことも深められた。
    ◯なによりも、何か書きたくなるような、そんな心持ちになった。

  • 『文章の味と云うものは、藝の味、食物の味などと同じでありまして、それを鑑賞するのに、学問や理論はあまり助けになりません。』…
    『感覚に依るところが多大であります。』
    人それぞれ好みもあれば、そこに万人受けするような答えは無いようだ。
    古典でも漢文の簡潔さが好きな人、和文の好きな人、それぞれ好みの傾向も違う。
    源氏物語と枕草子。両方ともしっかり読んだことが無いが、その違いについて記述から。

  • 谷崎潤一郎の講演を聞いてるみたいな感じで読めて楽しい。
    三章の「調子について」の所は、谷崎流の文体の解釈がされていて興味深く読んだ。
    ところどころの辛辣な批判が、ストレートすぎて面白い。
    日本語は非科学的な構造をしてるから文法を守らなくたって伝わればいいんやいう部分は、目から鱗やった。

  • なるほどと思う箇所が最初多い。

    例えば
    言語は伝達と思考をまとめる機能があるが
    思想をひとつの型に入れてしまう欠点がある。

    言葉に、ならないことの方が多い。
    泣く、笑う、叫ぶ

    言葉や文字で表現出来ることと
    出来ないこととの言葉の限界を知る

    話すことはその場で動かす感動させるなど
    文章は感銘が長く記憶されるように、出来ており両者は違う。読むことは黙読であれ、本人が読むことに着目。

    文章のコツを教えるのは難しい。なぜなら…

  • <目次>
    一 文章とは何か
     ○ 言語と文章
     ○ 実用的な文章と藝術的な文章
     ○ 現代文と古典分
     ○ 西洋の文章と日本の文章
    二 文章の上達法
     ○ 文法にとらわれないこと
     ○ 感覚を研くこと
    三 文章の要素
     ○ 文章の要素に六つあること
     ○ 用語について
     ○ 調子について
     ○ 文体について
     ○ 体裁について
     ○ 品格について
     ○ 含蓄について

    <引用>
     ○ 実用的な文章と藝術的な文章
    文章に実用的と藝術的との区別なし

     ○ 西洋の文章と日本の文章
    今日の急務は、西洋文の長所を取り入れることではなく、取り入れ過ぎたために生じた混乱を整理するためにある。
    われわれの国語の缺点ー言葉の数が少ないこと
    日本語の語彙が乏しいのは我等の国民性がおしゃべりでない証拠
    日本語はおしゃべりに適しないように出来ている国語
    国民性を変えないで、国語だけを改良することは不可能

     ○ 文法にとらわれないこと
    文法的に正確なのが必ずしも名文にあらず
    日本語には西洋語にあるような文法はない
    日本語のセンテンスは主格を要せず
    初学者は一応に本分を西洋流に組み立てる方がよいかも知れないが、相当に文章が書けるようになったら、文法を考えない方が宜しい。

     ○ 感覚を研くこと
    文章の味は、藝の味、食物の味と同じ
    感覚は、一定の鍛錬を経た後には、各人が同一の対象に対して同様に感じるように作られている


     ○ 文体について
    一 講義体、二 兵語体、三 口上体、四 会話体
    男の話す言葉と女の話す言葉と違うのが日本語の長所
    会話体の特長
     云い廻しが自由であること
     センテンスの終りの音に変化があること
     実際にその人の語勢を感じ、微妙な心持や表情を想像し得られること
     作者の性の区別がつくこと

     ○ 体裁について
    イ 振り仮名、及び送り仮名の問題
    ロ 感じ及び仮名の宛て方
    ハ 活字の形態の問題
    ニ 句読点 総振り仮名と字面との関係

     ○ 品格について
    品格とは文章の礼儀作法
     一 饒舌を慎むこと
     二 言葉使いを粗略にせぬこと
     三 警護や尊称を疎かにせぬこと
    日本人ほど礼節を重んずる国民なく、日本語ほど礼節にかなう国語なし
    あまりはっきりさせようとせぬこと
     我々は、生な現実をそのまま語ることを卑しむ
     言葉と事実との間に薄紙一と重の隔たりがあるのを好しとす

     ○ 含蓄について
    含蓄と云いますのは、前段「品格」の項において説きました「饒舌を慎むこと」がそれに当たります。
    この読本は始めから終りまで、ほとんど含蓄の一事を説いているのだと申してもよいのであります。
    要するに感覚の鍛錬を怠るなかれ



    2014.02.08 徳本さんのブログで見つける。
    2014.07.15 読書開始
    2014.07.22 読了

全123件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

明治十九年(一八八六)、東京日本橋に生まれる。旧制府立一中、第一高等学校を経て東京帝国大学国文科に入学するも、のち中退。明治四十三年、小山内薫らと第二次「新思潮」を創刊、「刺青」「麒麟」などを発表。「三田文学」誌上で永井荷風に激賞され、文壇的地位を確立した。『痴人の愛』『卍(まんじ)』『春琴抄』『細雪』『少将滋幹の母』『鍵』など、豊麗な官能美と陰翳ある古典美の世界を展開して常に文壇の最高峰を歩みつづけ、昭和四十年(一九六五)七月没。この間、『細雪』により毎日出版文化賞及び朝日文化賞を、『瘋癲老人日記』で毎日芸術大賞を、また昭和二十四年には、第八回文化勲章を受けた。昭和三十九年、日本人としてはじめて全米芸術院・米国文学芸術アカデミー名誉会員に選ばれた。

「2018年 『父より娘へ 谷崎潤一郎書簡集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

文章読本 (中公文庫)のその他の作品

文章読本 (旺文社文庫 14-6) 文庫 文章読本 (旺文社文庫 14-6) 谷崎潤一郎
文章読本 (中公文庫 A 1-8) 文庫 文章読本 (中公文庫 A 1-8) 谷崎潤一郎
文章読本 単行本 文章読本 谷崎潤一郎

谷崎潤一郎の作品

文章読本 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする