山本五十六再考 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (377ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122025790

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あとがきでもわかるが、著者が一番書きたかったのは、伏見宮博恭王が与えた戦争への影響力。

    避戦派の天皇と、主戦派の伏見宮。日本は、この二つの大きな力に揺れ、戦争へと向かっていった。

    表題作「山本五十六再考」より、第1章「天皇と伏見宮」の方が面白いと思ったら、「天皇・伏見宮と日本海軍」という題のハードカバーを改題したものだった。

全1件中 1 - 1件を表示

野村実の作品

ツイートする