ルネサンスの女たち (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論社
3.59
  • (15)
  • (28)
  • (46)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 200
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (452ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122026285

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読みやすく、華麗で、ドラマチックで、鋭く、面白い!

  • 世界史やこの頃のイタリアの歴史に詳しかったら、楽しめたんだろうなと思いつつ、
    著者の渇いた感じの文章が心地よかったです。

    女傑カテリーナ・スフォルツァが魅力的でした。

  • なかなか機会がなかった塩野七生さんの本にチャレンジ。ルネサンスを生きた4人の女性の生涯を取り上げているが、困難な時代の中、自分だったらどう生きたか考えずにはいられない。ルネサンスの女性たちは意外と教育水準が高く、自分の意思をはっきり持っていた。単行本が発刊された当時読んだ若い女性たちは、そんな彼女たちに自分たちの姿を重ねていたかもしれない。キプロス王妃だったカタリーナ・コルネールの名はまったく知らなかったが、キプロスの複雑な歴史とともに記憶にとどめておきたいと思った。

  • 塩野さんのルネサンス期の短編集を読んだ後に
    最後に復習の意味もかねて読むとおもしろい。

    作者自身もいっていたが、(こんな感じの意味で)

    「その女性自身よりも周りで活躍する男や時代に
     影響をうける女性を描くことにより逆にその
     英雄や人生の悲喜こもごもが描き出される」

    そうです。かなり上は自分の意訳ですが
    間違えていない気がする。

  • 正直、チェーザレよりルクレツィアに興味があったもので。
    生きていくのが仕事で感情は付属品、それなら一番大事なものにも合点がいくんだけど。

  • おもしろいけど、塩野さんはほんとに日本にいてつまんなかったんだろうなって思った。
    カソリックの人間らしさって好きです。
    惣領冬実のチェーザレの続きが待ち遠しい。

  • ひとつの時代がいろんな視点から見れてお徳。

  • いつの時代も人の上にたつ人は数奇な運命にさらされるものなのですね・・・。女性を扱っていますが激動の時代を駆け抜けた4人の女性の物語です。強くても弱くても苦しいのは一緒なのだな。

  • チェーザレの妹、ルクレチアをはじめ4人のルネサンス時代のイタリア女性について描かれた本。4人とも身分の高い人なのですが、それぞれいろいろ家庭の苦労が…実家が大事か、婚家が大事か、仕事が大事か、子どもが大事か。昔の話だけれど、古臭く感じない。

  • 好きな人にはいいよ。

全10件中 1 - 10件を表示

塩野七生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

ルネサンスの女たち (中公文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×