わたしの檀流クッキング (中公文庫―ビジュアル版)

著者 :
  • 中央公論社
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122026315

作品紹介・あらすじ

舅・檀一雄から学んだ料理の面白さ、素晴らしさ。その思い出とともに語り、作る直伝のレシピの数々。

著者プロフィール

檀晴子

一九四三年東京生まれ。東京芸術大学美術学部彫刻科卒。ヘンリー・ムア大賞展、現代日本美術展などに入賞。十九歳のとき、作家の檀一雄長男・太郎氏と学生結婚。以後、料理をはじめ、生活全般のエッセイ等に幅広く活躍。著書に『お招ばれ料理』『晴子さんちのおかず』『亭主丈夫で留守もいい』『わたしの檀流クッキング』など。

「2020年 『檀流クッキング入門日記』 で使われていた紹介文から引用しています。」

檀晴子の作品

わたしの檀流クッキング (中公文庫―ビジュアル版)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×