魯山人書論 (中公文庫)

制作 : 平野 雅章 
  • 中央公論新社
3.42
  • (3)
  • (0)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122026889

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 字がうまくなれたらいいな♪という軽い気持ちで読んでみたら、
    独自の芸術論が展開されていて、惹きこまれました。

  • 現代の書、換言、書壇ということになると思うのだが、その問題点を的確に指摘しているという所は評価できる。

    ただ魯山人自体の字に臭みを含むものがあるし、魯山人の評価する書も独断的なものであって、すべてに感心するとはいかなかった。

    読んでいて思い出したこと。普段筆で字を書かない人に書いてみてと頼むと、書いた後の感想は「人格がばれる」であった。正直な感想だろう。書の怖さはばれることにあるのだ。それが楽しさでもあるのだけれど。

    「体裁はって如何にも格好良く書いた時はかえってそれが死作になっている。体裁の良い字というのはこれは必ずしも良い字ではなくて、要するに書道趣味者の眼を喜ばせるだけのもの」

    「芸術というのは理性のみのい産物ではない。技巧の練達は技神に入るということで、図らずも想像以上の実力がでる。技巧があるところまで達すると精神的なものになってくる」

    「書家に芸術を解するところがないために書道を誤認している」

  • 47夜

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1883年、京都生まれ。陶芸家、画家、篆刻家、書家、料理研究家。おもな著作に『魯山人味道』『魯山人陶説』『魯山人書論』など。1959年没。

「2019年 『はればれ、お寿司 おいしい文藝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北大路魯山人の作品

ツイートする