エロティシズム (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論社
3.40
  • (25)
  • (36)
  • (118)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 474
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122027367

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とっても重要なことだと思うけどあまり考え方を固められずにきたので、参考になった。

    「猫の大虐殺」で出てきた、猫が女性器の象徴だというはなしが再び出てきてうれしい。同時期に読んだ本でこういうことがあると嬉しいな

  • 花束を見て綺麗だなあ以外の感想を浮かべるようになってしまった原因。

  • セクシュアルな世界とエロティックな世界/眼の欲望/エロスの運動/女のエロティシズム/存在の不安/同性愛と文学について/十人の性科学者/異常と正常/処女の哲学/胎内回帰願望について/性のユートピア/女性不完全論/反自然の性愛技巧/自己破壊の欲求/エロティック・シンボリズムについて/性の恐怖と不能/アダムの裸体について/愛は可能か/セックス開放論/近代文学における黒いエロス/童話のエロティシズム/エロティシズムを生きた女性たち

  • 澁澤くんの文章はまるで地面にしがみつく獅子のようだった。不意に見せる咆哮跳躍に胸躍らされる。
    彼の見識の深さを遺憾無く発揮した本作は、「性」を描く作家には必見だ。

  • 7/19 読了。

  •  今ひとつまとまりに欠ける感。興味を引く話は各所に散りばめられているけれど、どれも深みにまでは達していない印象。内容についても、西欧知識人の思想や研究の紹介が多く、著者独自の考えについて書かれてあることは少ない。「古さ」も感じなくはない。

     誰々がこう言っている、の連続で文章が続いていき、最終的にどこにも到達しない思いを抱かされる。

  • 初っ端から『花は植物の性器である』と言う思いもしなかった事実を突き付けられて澁澤節に一気に引きずり込まれました。

    エロティシズムを多方面から観て彼の感性を余すことなく披露。
    時々ダメダメな私の頭では付いていけなくなるのが悲しいのですが読後は「やっぱりこの人すごいわ…」と思わせられる本でした。

  • 「エロい」なんて言葉は、おそらくテレビや日常でも使われている言葉(?)ですよね。
    ボクたちは言葉をイメージのまま理解し、イメージのまま用いている。
    だから言葉の本意・本質を知らないということは、上記に挙げた言葉を抜きに語っても多々あることだと思う。
    そういう意味においては、ボクの理解の仕方に一石を投じた本だった…のかな?
    文学作品、心理学的分析、文化人類学、宗教、芸術、童話etc...
    様々な側面から触れられていたり、学者等の考え方が引用・紹介されています。
    例えば、動物は本能的に生殖行為を行うけれど、人間だけは身体一つ重ねるのに愛だとか罪の意識に苛まれ、苦悶し、葛藤し、せめぎ合っている。
    そう考えた時に、やっぱり人間は他の動物とは違うなぁ…って。
    生殖行為のみならず、何か一つの行動をとる際にも人はそこに意味を見出そうとし、考えようとする。
    何事も単純にいかない複雑きわまりない生物なんだな、と。
    「性」について書かれている本なので、苦手な人には苦手な本かもしれないです。

  • ほとんど内容覚えてない。花と童話くらい。
    いつも思うけど精神分析って合ってるのか。

  • エロとエロスとエロティシズムは全く違うもの。

  • エロスとは何て奥が深いんだと思わされました。サルトル、バタイユ、サド、フロイト、著者の澁澤龍彦氏等など、性に対しての考察がとても深く、現代人でここまで考えられる人間が存在するのか疑問に思った。童話の「眠れる森の美女」の性の捉え方が凄すぎて脱帽です。終盤に出てきたウレルスタム博士の性に対する見識がすごく過激でおもしろかったです。何個か気になったのを書き残しておきます。
    ・性教育を徹底して宗教的迷信を断ち切ること。
    ・.男女交際を斡旋する役所を設置すること。(売春を禁じる法律は廃止)
    ・新聞は倒錯者のために広告欄を設けること。
    ・露出症者のためのクラブを設置すること。
    ・過激なポルノグラフィックな映画を上映し、観客がそれを見ながらマスターベーションをするような場所を設置すること(これすごいなw)
    ・同性愛者が仲間を求めることができる場所を公示すること。
    ・淫売屋を復活させること。
    他にも病院に巡回慰安婦団なるものを組織するとかこの博士すごいな。これらのことはどんどん禁欲主義的に向かってる現代では起こりえないだろうな・・・

  • 勉強になりました。
    第一声がこれで申し訳ないのですが。

    難しい事を書く人なんだろうな
    と言う偏見にも似た気持ちを持っていたのでこの方の作品は初めて読みました。
    しかし意外にも解り易く成程と思える文章を書く方でした。
    意外な発見が多く解った事も沢山あるので読んで良かったと思います。

  • 澁澤龍彦のエロティシズム。
    読みやすくてなかなか面白かった。たまにちらっと三島由紀夫のことが書いてあったりして。

  • 深い!性愛についてエッセイ形式でここまで深くかけるものか。澁澤さんの本は初めて読んだが、すばらしいと思った。
    っていうか、本書に登場するだけでかなりの人が参照されていたが、昔からこんなにもエロティシズムについて真面目に学問的に考えていた人がいるんだと思うと、なんだかinteresting。

  • 2009/11/7ジュンク堂で購入

  • 澁澤龍彦さんは大好きな一人ですね。
    物言いがはっきりしていて好きです。

  • この本を読んだのにバタイユの「エロティシズム」を読み損なっていた。新しい訳が出たので、澁澤訳と較べてみようと思っている。「同性愛と文学」の章なども面白い。余談ですが、私のドイツ語の先生(独人女性)は、「ヘテロセクシュアルは人間しか生まないけれど、ホモセクシュアルは芸術を生む!」と言い切ったことがあります。瞬間、唖然として、しばらくの間「そうかも」などと思ったりして、だから今でも憶えています。今では笑いながら話せるし、それについて少しは真面目な話もできますけれどね。

  •  セクシャルな事について、自分の思想を持っている人は、男性も女性も魅力的だと思います。

     ずばり、エロティシズムについての本。澁澤氏のエロティシズム関連の著作が、この中公文庫には「エロティシズム」「エロス的人間」「少女コレクション序説」の3冊として纏まっています。この一冊は、中でも王道なテーマで語られ、澁澤龍彦に親しんでいない人でも、エロティシズムって何?という些細な関心でも面白く読めてしまいます。

     エロ可愛い!などのキーワードで、ファッションのメインストリームにも登場して来ている「フェティッシュ」の概念。
    そして本屋さんの店頭に、山積みに売られるようになったセックスのハウツー本・・・こんな時代になっても、エロティシズムというキーワードを真面目に考える人は少ないのではないでしょうか。

     こんなにも、性の表現はオープンなものになり、そして消費されるものとして、世間に溢れるようになった・・・その現象がもたらす危機についても、澁澤氏はたびたび触れているのですが、一度は考えてみて欲しいと思います。この本には、自由に考えを巡らす楽しさがつまっています。


    〜こんな人におすすめ〜
    *セックスはスポーツだなんてとんでもないわ!
    *心理学が好き
    *マニアックな探求が好き

  • 360
    人間のみに託された華麗なる<夢>世界へ――。芸術や宗教の根底に横たわり、快楽・錯乱・狂気にまで高まるエロティシズムの渉猟。精神のパラドックスへの冒険をどうぞ――

  • 1つあたり10ページ前後という短いエッセーが20個以上にわたって書かれています。
    気軽に読める長さなので、時間がないときにちょこっと澁澤さんのエロティシズムの世界を見たい方にはいい本です。

全34件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

1928年東京生まれ。東京大学仏文科卒。フランス文学者、エッセイスト、小説家、翻訳家。マルキ・ド・サドやジョルジュ・バタイユの著作の翻訳・紹介をする一方、人間精神や文明の暗黒面に光を当てる多彩なエッセイを数多く発表。晩年は小説を発表するようになり、遺作となった『高丘親王航海日記』は第39回読売文学賞を受賞した。1987年没。

「2018年 『ドラコニアの夢』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エロティシズム (中公文庫)のその他の作品

エロティシズム 単行本 エロティシズム 澁澤龍彦

澁澤龍彦の作品

エロティシズム (中公文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする