まんが道 (14) (中公文庫―コミック版)

著者 :
  • 中央公論新社 (1996年12月18日発売)
4.04
  • (17)
  • (13)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 113
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・マンガ (394ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122027749

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ここまで続くと、さすがに同様の展開の繰り返し、画一的なリアクションとか、もろもろ気になってくる。『え!これで終わり!?』っていう、尻切れトンボ的幕切れもいまひとつ頂けないし。むしろ13巻の最後の方がエンディングぽかったし。とはいえ、大家たちの黎明期は興味深かったし、手塚治虫の圧倒性も垣間見えたりして、作品を通しては満足度の高いものでした。

  • 相方を才野茂(さいのしげる)と名付けているのだけでもう泣きそうになる、あまりに美しくて…。

  • 新しい連載も始まり、少しずつ調子が上がってくる。
    さあ、これから!というところで、作品は終了。
    青雲編の最後と違い、少し尻切れトンボの感じは否めない。

    それにしても、カッパ巻き中心の注文で1000円ずつの割り勘とはちょっと割が合わないよね。

    [more]
    (目次)
    春雷編
     宇宙少年団
     合格
     十戒
     レポート
     締め切り十日前
     新作競争
     必殺の一弾
     シラノとミカド
     小村さんの来訪
     小村さんのたのみ
     早とちり
     松葉のカルディナーレ
     ロケットくん
     別冊ふろく
     宇宙へ!!
     二つの道
     鈴木氏の転進
     シンドバッドの冒険
     着色原稿
     カバのサカダチ
     フィクサチーフ
     アイディア散歩
     送別会
     カンヅメ

  • なにしろ信用を取り戻すというのは本当に難しい。頑張ればいい、というわけではなくもしかしたらもう一生取り戻すことができないかもしれない。信用を裏切るというのはそういうことなんだよなぁ

  • 地味に面白い。読んで思ったことは、続けられるというのは、才能だということ。どんなに好きなものでさえ、ずっと続けていくことは難しい。それは、覚悟なのだろうけど。

  • 今や世界に誇る日本文化=漫画・アニメ。
    その礎を築いた藤子不二雄氏A氏とトキワ荘に集う多くの仲間達。
    藤子不二雄氏A氏による自叙伝的長編漫画の全14巻。

    このシリーズの続きは、『愛…しりそめし頃に… 満賀道雄の青春』として、現在も執筆・連載されています。こちらも是非!

  • まとめて読み返すとやっぱ面白い。愛…しりそめし頃に…行くべきか。高いけど。

  • 激画はどうなった?とか、才野がフラフラしてた件は?とか、何も語られないまま完結。

    でも、この巻から初めて受け持つ作品を分担する描写が入るので、この辺で区切るのが丁度良いのかも。

  • 高岡などを舞台とした作品です。

全10件中 1 - 10件を表示

藤子不二雄Aの作品

ツイートする
×