まんが道 (14) (中公文庫―コミック版)

著者 : 藤子不二雄A
  • 中央公論新社 (1996年12月18日発売)
4.10
  • (17)
  • (11)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :95
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (394ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122027749

まんが道 (14) (中公文庫―コミック版)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なにしろ信用を取り戻すというのは本当に難しい。頑張ればいい、というわけではなくもしかしたらもう一生取り戻すことができないかもしれない。信用を裏切るというのはそういうことなんだよなぁ

  • 地味に面白い。読んで思ったことは、続けられるというのは、才能だということ。どんなに好きなものでさえ、ずっと続けていくことは難しい。それは、覚悟なのだろうけど。

  • 今や世界に誇る日本文化=漫画・アニメ。
    その礎を築いた藤子不二雄氏A氏とトキワ荘に集う多くの仲間達。
    藤子不二雄氏A氏による自叙伝的長編漫画の全14巻。

    このシリーズの続きは、『愛…しりそめし頃に… 満賀道雄の青春』として、現在も執筆・連載されています。こちらも是非!

  • まとめて読み返すとやっぱ面白い。愛…しりそめし頃に…行くべきか。高いけど。

  • 激画はどうなった?とか、才野がフラフラしてた件は?とか、何も語られないまま完結。

    でも、この巻から初めて受け持つ作品を分担する描写が入るので、この辺で区切るのが丁度良いのかも。

  • 高岡などを舞台とした作品です。

  • Fの体調については全く触れられないまま最終巻までいった。

全7件中 1 - 7件を表示

藤子不二雄Aの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吾妻 ひでお
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする