富士日記〈中〉 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論社
4.04
  • (100)
  • (56)
  • (87)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 627
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・本 (496ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122028548

作品紹介・あらすじ

並はずれて奇抜で誰も思い及ばぬ発想のなかで、事物の核心をすべて喝破する、いわば生まれながらの天性の無垢な芸術者が、一瞬一瞬の生を澄明な感性でとらえ、また昭和期を代表する質実な生活をあますところなく克明に記録する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 上巻から引き続き、百合子さんの綴る富士の自然の情景が何とも美しい。ポコの死には思わずもらい泣きをしそうになるほど切羽詰まるものを感じました。あと何より毎回の献立がシンプルで美味しそうで為になる。

  • おいしいエッセー。流れるように文が書かれているので、スラスラと読めてしまい、ふと顔をあげて振り返ると「あれ、さっきの段落で何を読んだんだっけ?」って分からなくなるぐらい。それでもページをめくる手がとまらない。日本を生きる人の素敵な生活が垣間見れる夢の書だと私は思う。

  • 週末の旅行先で読もうと思って持って行ったのを、結局1ページも読まずに帰ってきてしまった。帰宅して疲れて何もする気が起きない状態でページを繰り始め、気が付いたら読み終えていた。特別面白い訳でも、はっとすることが書いてあるわけでもない、赤の他人の日記なのに、なぜこんなに夢中になってしまうんだろう。慣れない山暮らしののためどこかぎこちなさを感じた上巻に比べ、中巻はかなり土地にも人にもなじんできていて、こちらも肩の力を抜いて読むことができました。ていねいな暮らしの模範のようでいて実際はだいぶ適当なところも良い。

  • 変わらず面白い。外川さんの登場が上巻より少ないかな?

  • 再読 2016/04/01

  • 上巻に引き続き、読了。まるでその場にわたしも居させてもらえているような描写がやはり良かった。自然物に対する距離の取り方がサバサバしていて面白い。中巻と下巻の間にロシア旅行が挟まるので、下巻に行くか犬が星見たにいくか悩ましい。

  • 上巻にあります

  • 自然描写が面白い。

  • 中巻は昭和四十一年十月から昭和四十四年六月まで。

    山での生活にも慣れてきてリズムが出来てきた雰囲気。
    愛犬ポコの死はあまりにも唐突すぎて驚いた。

    夜中に出掛けた百合子さんを必死に探す泰淳さん。
    泰淳さんの体を拭いてあげる百合子さん。
    2人の関係がとても素敵。

    「ポコ、早く土の中で腐っておしまい」
    「お礼をこめて夕日に向って、一と踊り踊ってみせてやる」等
    きらめくフレーズがたくさん散らばっている。

  • 上巻では淡々としていた文体が、だんだん詩情溢れる文章に変化してきた。日記を読むということは、その人の人生を読むということなんだなあ。

全39件中 1 - 10件を表示

武田百合子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高山 なおみ
岡崎 京子
川上 弘美
岡尾 美代子
川上 弘美
よしもと ばなな
有効な右矢印 無効な右矢印

富士日記〈中〉 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする