ヒマラヤを駆け抜けた男―山田昇の青春譜 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論社
3.50
  • (3)
  • (4)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122028777

作品紹介・あらすじ

八千メート峰に12回登頂の快記録をうち立てた登山家山田昇。とくに一九八五年には、世界最高峰のエベレスト、第二位のK2、そして厳冬のマナスルに連続登頂し、登山界を驚かせた。八九年冬、八千メートル峰14座完登を目前にして極北のマッキンリーに散るまでの稀有のアルピニストの生涯と、壮烈な高所登山の実態を克明に描く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 山田昇が好きで、ほかにもいろいろ読んだけれど、これしか見つからず。

  • 8000m峰9座登頂の山田昇氏を、いかにも佐瀬さんらしい切り口で綴ったノンフィクション。
    この人、ヒマラヤだけやっていればきっと14サミッターになっていたと思う。
    マッキンリーに散ったのが残念。

  • ヒマラヤビックジャイアンツ8,000メートル峰14座のうち9座を登りながらも極北のマッキンリーに散った最強の山男。
    タフでやさしい山田 昇さん、アンナプルナで友を失くし14座完登を決意する。
    まっしぐらに走りぬけた短い生涯の物語。
    今まで知ったアルピニストの中で一番憧れる。
    個人的には佐瀬 稔の最高傑作!

  • 日本人で一番、8,000m14座全山登頂に近かった男、山田昇の半生を書いた一冊。

    名前は知っていても、生い立ちやこれまでのクライミング歴などは良く知らなかった。
    すっきりとした性格で誰にも愛された山田昇。
    冬のマッキンリーで返らぬ人になってしまった。
    植村直己も同じ山で消息を絶っているが、二人は邂逅できたのだろうか。

    クライマーにお薦めの一冊です。

  • 驚異的な体力を持ち、山と人に愛された山田昇さんのノンフィクション。登攀の歴史のような人名記述が多くて、その辺りは読み飛ばしてしまいました。本人はすごいいい人なのに、周りの人が事故などで、どんどん死んでいくのがなんともつらい。8000m峰完登して欲しかった。

  • 8000m峰に固執した男が散ったのもマッキンリーでした。魅力的な人が山に散る。それだけ山は魅力があるということか。

全6件中 1 - 6件を表示

ヒマラヤを駆け抜けた男―山田昇の青春譜 (中公文庫)のその他の作品

佐瀬稔の作品

ツイートする