マンガ日本の歴史〈10〉将門・純友の乱と天暦の治 (中公文庫)

  • 中央公論社
3.63
  • (2)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122028845

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 醍醐天皇以来の国衙支配強化は、東国に平将門、西国に藤原純友の乱を生む。こうしたなかで発生した「兵」たちを取り込み、王朝国家は成熟へと向かう。

  • 平将門、藤原純友の乱が東西で起きる時代。
    貴族ではなく、兵が世に出始める。兵が出てくる=武力の専門部隊が出てくるということなので、武士がもうすぐ表に出てこようとしている。

  • このシリーズは素直に面白い。歴史ものは、ただ、漫画にしたというものが多い。それに対して、このシリーズは、きっちりストーリがある。そこが、他のシリーズとの違いである。次が楽しみである。

  • 2010年12月15日 読了73(66)

  • 4122028841  209p 1997・6・18 

  • 日本の東と西で起こった、大々的な平将門と藤原純友の乱。

全6件中 1 - 6件を表示

マンガ日本の歴史〈10〉将門・純友の乱と天暦の治 (中公文庫)のその他の作品

石ノ森章太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする