マンガ 日本の歴史〈13〉院政と武士と僧兵 (中公文庫)

  • 中央公論社 (1997年8月1日発売)
3.56
  • (2)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :34
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122029255

マンガ 日本の歴史〈13〉院政と武士と僧兵 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 朝廷に強訴をかける寺社、朝廷警固をきっかけに王権の武力中枢を蚕食する武士ー。諸勢力が乱立し、社会的成長を遂げるなか、後三条天皇以来の親政の継承・展開を狙う後白河天皇によって日本独特の王権の形態「院政」が生まれる4.

  • 現時と平氏が出始める。
    武士や僧兵の力を借りないと、朝廷が国を動かせなくなっていく時代。後三年の役もこの巻に出てくる。

  • マンションで読む。再読です。物語はありません。それでも読めます。これが、歴史自体の面白さなのか?

  • 白河院時代の事が、簡単にまとめられている感じ。
    堀河天皇のことは、たいして書かれてないのが残念。

  • 2012/2/22 読了36

  • 4122029252  213p 1997・8・18 

  • 諸勢力乱立を背景に日本独特の王権の形態「院政」が生れる(帯より)
    白河天皇による院政の開始。

全7件中 1 - 7件を表示

マンガ 日本の歴史〈13〉院政と武士と僧兵 (中公文庫)のその他の作品

石ノ森章太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

マンガ 日本の歴史〈13〉院政と武士と僧兵 (中公文庫)はこんな本です

ツイートする