マンガ 日本の歴史〈23〉弥陀の光明をかかげて (中公文庫)

  • 中央公論社
3.80
  • (2)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :26
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122030503

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 宗祖親鸞により主に農村中心に普及し、本願寺八代法主蓮如の出現で全国的発展を遂げた一向宗と、町衆と結んだ法華宗の「一揆の時代」を描く。

  • 【読了メモ】(140831 15:50)石ノ森章太郎『マンガ日本の歴史』/中央公論社

  • 一向一揆、法華一揆など、宗教がらみの一揆が増えてくる。戦乱の世を治めるために仏教が普及したのに、それが争いの一端になる、そんな時代。

  • 4122030501  213p 1998・1・18

  • 一向宗と、法華宗の信徒が起こした一揆の時代
    お坊さんが剣を握って戦うということに、恐ろしさと彼らの並々ならぬ決意を感じます。

全5件中 1 - 5件を表示

マンガ 日本の歴史〈23〉弥陀の光明をかかげて (中公文庫)のその他の作品

石ノ森章太郎の作品

マンガ 日本の歴史〈23〉弥陀の光明をかかげて (中公文庫)はこんな本です

ツイートする