マンガ 日本の歴史〈32〉忠臣蔵と生類憐み (中公文庫)

  • 中央公論社
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122031524

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「犬公方」綱吉の、力による刷新により、屈折した戦国の遺風「かぶき者」が一掃された元禄時代に赤穂浪士の仇討ちが起こる。一方、井原西鶴の草子、近松門左衛門が戯曲を書いた人形浄瑠璃や歌舞伎、松尾芭蕉の俳諧など町人文化が花開く。

  • 綱吉から忠臣蔵まで。
    生類憐みの令から、庶民が暮らしにくくなっていく。しかし、同時進行で西鶴や芭蕉が出てきている。戦乱の時代から平和になってきた証拠である。

  • 元禄時代の赤穂浪士の仇討ちと町人文化の爛熟。
    井原西鶴の草子、近松門左衛門が戯曲を書いた人形浄瑠璃や歌舞伎、松尾芭蕉の俳諧など。

全3件中 1 - 3件を表示

マンガ 日本の歴史〈32〉忠臣蔵と生類憐み (中公文庫)のその他の作品

石ノ森章太郎の作品

ツイートする