ハチ公の最後の恋人 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.55
  • (264)
  • (297)
  • (785)
  • (34)
  • (13)
本棚登録 : 2854
レビュー : 293
  • Amazon.co.jp ・本 (146ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122032071

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今の自分の考え方や感性の在り方に
    最も影響を与えた作家は
    高校時代にハマった
    村上春樹と吉本ばななです。


    特にばななさんは
    独特な切ない感性を
    かなり意識的に
    真似てましたね(笑)




    小さな宗教家の家に生まれた
    マオ。

    インド人の青年のハチ。


    刹那的に生き
    高校卒業前に死んだ
    「おかあさん」と呼ばれた
    大人びた少女。



    夜中の3時に聞こえる大学堂と呼ばれる
    ホットドック屋台の音楽。


    パジャマのまま歩く
    甘やかな真夜中の散歩。


    闇に潜む死の予感。




    ばななさんの作品に自分が共感するのは
    痛々しいほどの『切実さ』です。


    文章の隅々から沸き立つ
    その切実な想いに
    痛みを知る人であればあるほど
    強く打たれるハズ(^_^;)




    不思議な力を持ったおばあちゃんの予言
    「お前はハチの最後の恋人になるだろう」
    に導かれ
    インド人のハチと恋に落ちる
    17歳の少女マオ。



    本当に好きな人といると
    コーヒーが冷めていくことすら
    美しいと思える、

    そんな時間を
    読む者も追体験していく
    刹那な幸せ。




    別れることを前提に一緒に暮らす二人だからこそ
    平凡な生活が
    輝いてみえるのかな。


    いつまでも続きはしない「青春」というべきものを
    永遠に続けるべく奔走する二人の姿が

    本当に切なくて、潔くて、
    胸を締め付けられます。




    なかなか気づけないことだけど
    街は生きていて
    朝は毎日違う。

    単調で面白くない毎日に感じても
    街はセットや背景なんかじゃないし、
    今日の月と
    明日の月は同じじゃない。


    この作品から自分が学んだことは
    意識しなきゃ解らない
    精神の在り方や
    モノの見方でした。

    それは今も生きて
    自分を支えてくれています。




    いつか消えてしまうものへの情景と、

    過ぎ去ってしまうからこその
    刹那な輝きが詰まった、
    切なさいっぱいの小説です。

    • アセロラさん
      はじめまして。フォローさせていただきました。
      優しく前向きで、温かいレビューですね^^
      わたしも、吉本ばななは「初恋の人」とでも言うべき最初...
      はじめまして。フォローさせていただきました。
      優しく前向きで、温かいレビューですね^^
      わたしも、吉本ばななは「初恋の人」とでも言うべき最初にハマった作家さんで、今でも大好きです。スピリチュアル要素が濃いし、出て来る人達も不思議な人達ばかりですけど、みんな意外とちゃんと現実を生きてるような感じがして。
      この作品は未読なんですが、読んでみたくなりました。
      2013/01/19
    • 円軌道の外さん

      アセロラさん、
      はじめまして!

      コメント&フォローありがとうございます(^O^)


      いやぁ〜まったく
      共感同感です...

      アセロラさん、
      はじめまして!

      コメント&フォローありがとうございます(^O^)


      いやぁ〜まったく
      共感同感です♪

      ばななさんの小説は
      突拍子もない話もあるけど
      嘘臭くなくて

      リアルに胸に迫ってくる切実さを
      いつもすごく感じるんです。


      あとみんなが見過ごしがちな
      儚きものへの眼差しが
      あたたかいし
      真摯ですよね。


      今年の読書目標は
      『昔ハマった作家をもう一度掘り起こしてみよう』
      なんで(笑)

      村上春樹と共に
      ばななさんや山田詠美さんを
      また読んでみようと思ってます(^_^)v


      これからよろしくお願いします!



      2013/01/19
  • 私の1番の本。

    何かが噛み合ったときに読むと大号泣する。そんなこともなくさらーっと読める時もある。

    名作。
    言葉が過不足なくて、美しい。
    名言がたくさん。

    ハチ公との荒削りなとろける日々。
    マオちゃんの絵を描くときの心の動きと形、色彩。
    これがとってもわくわく、きらきらしてる。
    世界は輝いてみえる。

    おっきな話で、人生をゆったりのびのびと生きる勇気が湧いたよ。

  • 吉本ばななは読む時を選ぶべき。
    仕事に忙殺されているとき、人間関係に疲れきっているとき、失恋してしまったとき、何かに疲弊しきった状態で本を開くとひらがなばかりの緩やかな文体が自然と体に染み渡っていく。

    「なにか本を読むかー」で普段何気なく読んでも、つらつらと綴られた文章に味気なさを感じるが、傷心に浸りたいときや余計なこと考えられないくらい疲れてる精神のときに読むと、人間の心の生々しさみたいなものに触れているような気がする。
    わからないが。

  • 吉本ばななさんの書く恋の終わりは天下一品だなと思います。
    特にこの本は心が抉られるような文章が続きます。
    吉本作品に出てくる女の子はみんな芯が強くて格好いいなぁと思います。

  • 「サウスポイント」はこの作品の続編(?)みたいだったので、すぐにでも読んでみたくなって。

    いやぁ、ほんと、サウスポイントに繋がってて良かった。ほんと、良かった。

    この、身を切り売りしているような精一杯さ、完全であるから儚いという、太古から決まっている約束のような理に、それでも受け止めて愛して乗りこえて、「思い出」となって前に進んでいく正しさが、痛かった。

    そんなきれい事じゃ、分からないし、物分りよくなれないし、夢を見ていたいし、ハッピーエンドしか見たくない。なんて、実は生々しく痛々しく感じてしまったりするのだけど、それも全部ひっくるめて、「今」を感じて生きることへのキラキラなんだろう。

    そして、自分を生きて、奇跡を起こして、次の世代へ続いていく。

    ばななさん、すごいなぁ。

  • 宝物の一冊。
    大好きな人を思う心にとても共感。
    マオちゃんの目線とか。。
    周りの人との関係、環境、、それをどう捉えてるか。
    いい言葉がたくさん。。
    心が震えました。
    泣ける。。。
    自分の琴線に触れまくった。
    私も似たようなこと考えるなと思いました。
    あと、もっと自分の気持ちに真摯に向き合いたいと思いました。

    最後の描写は、私も新宿の大通りで似たような事を思った事があり、状況がかさなりました。
    お母さんとあーなったことも。変わるんだ…、、という気持ちも。。。
    私の中で、ハチは私の親友に似てます。私は親友と出会えた時に初めて心許せる人が出来たと思いました。世界が鮮やかになった。時間が美しくなった。楽しくなった。生きるのって悪くないなって思えた。真の友達ってこんなにこんなに良いんだって思いました。

    色んな事がすごい。
    この本に出会えてよかった。。

  • 2016/06/19
    いつかお別れするという確信。
    それは、このハチとマオのようなものではなくても、諦めのように持っている。
    今こんなに楽しいのに、この時間はすぐに終わってしまう。
    こんなにも気が合う私達なのに、いつかは疎遠になってしまう。
    そうやってみんな生きてきている。
    忘れないけど、忘れていく。

  • 今ある日常を大切に。
    終わりがあるからこそ気づくことができる。
    終わりがみえないから、その当たり前さにスポイルされて気づけない。
    同じような、違う毎日に感謝を。

  • 終わりがみえてる恋だからこそみえるものがあるんだね。タイミングが合わないからこそ気が合うんだね。2人の恋は違う形で続いていくんだね。なんだかちょっぴり切なくなったけど読んでよかった。

  • 宗教家の家に生まれたマオと、インドの山奥で修行するというハチ。スピリチュアルな2人の期限付きの恋。
    相変わらずのよしもとばななワールド。あり得ない設定ながら、終わることが決まっているからこそ、今を大事にする2人の恋が切ない。「なんでこんなにすばらしいことをみんな、毎日してるのに、みんな、特別には幸せそうじゃないの?」という言葉が印象的。

全293件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

吉本ばなな(本名:吉本 真秀子 よしもと まほこ、旧筆名:よしもと ばなな)
1964年、東京都生まれの作家。日本大学芸術学部文芸学科卒業。卒業制作の「ムーンライト・シャドウ」が日大芸術学部長賞を受賞。また「キッチン」で第6回海燕新人文学賞を受賞、デビュー作となる。
1989年『TUGUMI』で山本周五郎賞を受賞。1996年イタリアのフェンディッシメ文学賞(35歳以下部門)、1999年イタリアのマスケラダルジェント賞文学部門を受賞。2000年『不倫と南米』でBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞。その他代表作に、映画化された『アルゼンチンババア』などがある。
海外での評価が高く、著作が多くの国で翻訳されてきた。

ハチ公の最後の恋人 (中公文庫)のその他の作品

ハチ公の最後の恋人 単行本 ハチ公の最後の恋人 吉本ばなな

吉本ばななの作品

ハチ公の最後の恋人 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする