使いみちのない風景 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.47
  • (54)
  • (107)
  • (253)
  • (8)
  • (3)
本棚登録 : 1154
感想 : 123
  • Amazon.co.jp ・本 (145ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122032101

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 村上春樹のエッセイ集。3編のエッセイが収載されている。「使いみちのない風景」「ギリシャの島の達人カフェ」「猫との旅」。素敵な写真付きのエッセイ集だ。

    風景は2種類に分かれる、と筆者は書いている。
    おそらく自分は、その風景を、何年か先に、ふと思い出すことになるんだろうなと予感する、そして、思い出したときには、例えば、「ああ、僕はあそこに三年間住んでたんだな。あそこはそのときの僕の生活があり、僕の人生の確実な一部があったんだな」と考えるような、そのような風景。自分の中にクロノロジカルに収められている、自分という人間の移動の軌跡としての風景。それが1種類。
    もう1種類は、「使いみちのない風景」である。それは、まったく唐突に、ほとんど身勝手に、自分の前に姿を表す。そんなことを覚えていたことすら、自分には分からない、そのような風景だ。それは、どこにも連結していない。

    といったようなことが、私の理解によれば、「使いみちのない風景」という題名のエッセイには書かれている。書かれていることの内容は感覚的には分かる。

    例えば、私の「使いみちのない風景」はどういうものか。
    15年以上前に、約1ヶ月間、ヨーロッパを貧乏旅行したことがある。イギリスの大学に留学をしていたのであるが、クリスマス休暇の時期に1ヶ月以上の休暇があることが分かり、行ったことのない場所(ヨーロッパの多くは行ったことがなかったのであるが)に行こうと出かけた。マンチェスター空港からマドリードまで飛び、マドリードに2-3泊した後、リスボンに行くことにした。マドリードからリスボンは、直行のバスが走っていて、記憶によれば7-8時間をかけてリスボンに到着。到着後、ホテルを探して歩き回り、何とか安いホテルを見つけ落ち着いたのは、もう夕食の時刻だった。疲れてもいたし、初めての土地で、1人でレストランを探して、入って、注文をしてというのが面倒だったので、スーパーに行って、パンや総菜を買って部屋で食べることにした。ホテルを出て散歩がてら、歩き始めたが、スーパーが見つからない。冬のリスボン、日の暮れるのも早く、自分がどこにいるのかも分からないまま、スーパーを探してホテル近辺を歩き回った時の、風景。こんなこと、今思い出すまで、考えたこともなかった。
    それは、村上春樹言うところの「使いみちのない風景」ではあるだろうが、でも、当時の、初めての土地を歩くワクワクした気持ちと、知らない場所を歩く心細さと、冬の寒さを思い出した。その時の自分自身を思い出し、ある意味で、もう一度旅行気分を味わったという意味では、「使いみち」はあったと言うべきかも、とも思った。

  • 春樹さんによる3本の短かなエッセイと、稲越功一さんの多くの写真からなる。
    上下左右にゆとりのある版面で、旅先にもっていって、旅程の合間に一文ごと味わいながら読むにはうってつけだった。

    私ももともと旅行は好きじゃない。行ってみたいところはたくさんある。
    でも家族みんながよろこぶスケジュールを組むのがめんどくさいし、当日も慌ただしいし、帰宅してからの山のような荷物の整理を思うと、それだけでどっと疲れる。
    でもこうして実際出かけてしまえば心に留まる風景はあるわけで、それは使いみちがなくとも、結局そこでしかみられない風景なのだ。
    楽しかったねーと後々おしゃべりにあがるタイプの思い出とは少しちがう。
    また億劫になりかけたら、何度だって旅行鞄にしのばせて連れていこう。そんなお守りみたいな一冊。
    〝旅好きの猫〟にとてつもなく惹かれる。

  • 3つのエッセイに写真家稲越さんの作品が添えられていて、気楽に読める内容でした。
    筆者は、今までに多くの地で生活をしてきましたが、それを「旅行」ではなく「住み移り」と表現しています。住み移りで目にした様々な風景の記憶は、筆者にとって財産であるし、筆者の中にクロノロジカルに収められているそうです。一方、旅行の過程で目にした束の間の通り過ぎていく風景の記憶は、非整合的であり、筋道や一貫性を欠いており、何かしらミステリアスな要素があるそうです。その、何も始まらない、どこにも結びついていない、何も語りかけない、ただの風景の断片を、筆者は「使い道のない風景」と名付けています。しかし、どれほど使い道がなかったとしても、それらの風景を私たちは必要としているし、それらの風景は私たちを根本的にひきつけることになる、そうしたそこでしか見ることのできない風景を求めて人は旅に出るのだと、筆者は述べています。

    今回、24年前に初めて読んだ本を再読しました。これを読んだ約半年後、私は会社を退職し、海外ボランティアに参加しています。その移り住みで得た記憶は確かに私の財産であり、しかし、使い道のない風景を求めて行動した日々も、私の宝物になっていると感じます。

  • 旅や日常で出会った使いみちのない風景は、心の奥底に潜む郷愁みたいな、あるいは無意識の中のかけがえのないものを揺れ動かす。
    それが大きな揺れであっても小さなそれであっても。
    帰るために旅をする という言葉を村上春樹流に彩っている。

  • 作家・村上春樹の旅的なものに関するエッセイ3つと、写真家・稲越功一の写真のコラボ作品、という体の文庫本でしょうか。めちゃんこサクッと読めます。すげえサクサク。一瞬でした。

    で、おもろいかどうか、といいますと。うーん。それなり?という感じでしょうか。村上さんのエッセイは、いつものエッセイでの村上節全開、という感じで大満足、ですが、稲越さんの写真は、正直、良いのか良くないのか、全然わかりませんでした。なんといいますか、うん。わからん。良い写真、なのだろうなあ。なんせプロの写真家のかたですもの。でも、うーん。すまん。俺には、良さ、わからん。という、凄くこう、、、失礼な感想で、、、稲越さん、すみません。

    あ、でも、村上さん言うところの「使いみちのない風景」の写真だなあ、というのは、バンバン感じました。この写真、、、何が言いたいの?意味わからんねえ。使いみちあるの?ないよね。あ、だからこの題名なんだ?という感じで。これ、全然、褒めてませんね。ホンマにすみません。

    あ、でも、本の表紙にもなってる写真は、なんだか、凄く好きなんですよ。シュールで。海岸に、椅子?だか、キャンバス?だか、なんかよお分からん物体が、置かれている写真。ぽつねんとしてて、好きです。ちょっと方向性は違うと思うんですが、プログレッシブ・ロックバンドとして超有名なピンク・フロイドのアルバム「A Momentary Lapse of Reason(邦題は『鬱』。なぜこの邦題?謎ですね)」のジャケットを連想しました。連想要素、海岸、ってだけ?って気もしますが。

    村上さんのエッセイは、旅?に関するエッセイ、と言えばいいのでしょうか。でも、村上さん自身が、たまたま雑誌で自分の略歴を読んだときに「(村上春樹の)趣味は旅行をすること」と書かれていたことに対して「俺がしてることって、、、旅行?」と自問自答し、いや旅行ちゃうで、って思ったことから始まる、みたいな、旅エッセイなのに旅否定、みたいなノリが、おもろいです。

    僕が好きなのは、「旅」ではなくて、「住み移り」とでも言うべき行為なんだよ、というポイントは、言い得て妙!と思って、なるほどなあ!ってメカラウロコでした。こうした村上さんの、物事に対する考察の角度、凄く好きです。

    あと、こうした「住み移り」のなかから、「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」が生まれ、「ノルウェイの森」も生まれた、と考えると、やっぱ村上春樹スゲえ、って、感服するしかない。「住み移り」凄い。というか村上春樹が凄い。やっぱ個人やね、って事か?

  •  使いみちのない風景。


    それは、旅先で見かけたワンシーン。
    心のどこかに引っかかり続ける記憶。

    そこでしか見ることのできないもの。
    それ自体では何も生み出さないもの。

    でも、僕たちが必要としている風景。


     たまに旅にでたいと思うことや、
    日常を少しだけ離れたいと思うのは、
    どこかで、こういった風景を探し求めているからかもしれない。


     使いみちはなくとも、必要という何かを。

  • タイトルのフレーズに惹かれて購入しましたが
    村上さん自身もアントニオ・カルロス・ジョビンの曲名を
    呼び名として使っていることからこのタイトルとなったとのこと
    村上さんの文章は外国の日常を切り取ったような写真とよく合うなと感じます

    使いみちがないという言葉から攻撃性でなく
    虚無感を感じるのは、続く言葉が風景だからなのでしょうか

    “だからこそある種の風景は、たとえ現実的な有用性を欠いていたとしても、
    我々の意識にしっかりとしがみついて離れないのだ”

    一見非効率的に見えるパーツの収集こそ実は意味がある
    というのは感覚的に理解できるところだと思います

  • 『僕は思うのだけれど、人生においてもっとも素晴らしいものは、過ぎ去って、もう二度と戻ってくることのないものだから。』(108頁)


    本当は他のところを長々と抜きだしていたんだけど、

    やっぱり自分で消してしまった。

    この本みたく隣に写真が無いと、すごい味気ないことばに見えちゃうから。


    1ページごとに写真があって、まるで雑誌を読んでるような気分にさせる本でした。


    あたしの中にある使いみちのない風景は、たとえば、

    雨の武蔵野線(京葉線直通東京行き)。
    雨が降ってたから、学校をサボることにして、
    そのまま武蔵野線の終点まで行ってみた高2の冬のこと

    とか、

    南国のむわっとする空気のなか歩いてたら、
    台風で根元から折れて倒れた電信柱を見たこと

    とか、

    真夜中の船の甲板から一人ぼっちで遠くの陸の灯りを眺めてたときの、
    空か海か陸かどこが境目かわからない程の真っ暗闇

    とか。

    誰とも共有してないから、あるか無いか証明できないけれど、確かにあった風景。

    そんなことを思い出した。

  •  風景写真に村上春樹のエッセイがついた文庫。淡々とした写真に、淡々とした文、でもなんだか切ない。「人生においてもっとも素晴らしいものは、過ぎ去って、もう二度と戻ってくることのないものなのだから」 うむ、私もそれがわかる歳になってきたらしい。過去をもう一度欲しいとは思わないけれど、その美しさを愛でる気持ちは大事にしたい。

  • 人はどうして旅に出るのか、
    自分のための風景を見つけるため

全123件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1949年 京都府生まれ。著述業。
『ねじまき鳥クロニクル』新潮社,1994。『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』新潮社,1985。『羊をめぐる冒険』講談社,1982。『ノルウェイの森』講談社,1987。ほか海外での文学賞受賞も多く、2006(平成18)年フランツ・カフカ賞、フランク・オコナー国際短編賞、2009年エルサレム賞、2011年カタルーニャ国際賞、2016年ハンス・クリスチャン・アンデルセン文学賞を受賞。

村上春樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×