マンガ 日本の歴史〈37〉寛政の改革、女帝からの使者 (中公文庫)

  • 中央公論社
4.00
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122032255

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 青年宰相松平定信は、士風の退廃を立て直すため内政改革を性急に断行、幕府主導の商業政策を展開し、農村復興に務める。欧米列強との緊張が高まる中、ロシアからの使者とともに漂流民・大黒屋光太夫が帰国し、異国見聞を伝える。

  • 【読了メモ】(140831 15:50)石ノ森章太郎『マンガ日本の歴史』/中央公論社

  • 田沼政治からの揺り戻しの寛政の改革まで。
    松平定信が権力を握り、田沼の反対方向に行こうとしているけど。徐々に外国の影が見え隠れし、横槍が入り始める、そんな時代。

  • 松平定信の改革、ロシアから漂流民大黒屋光太夫が帰国。
    「鬼平犯科帳」の時代ですね。

全4件中 1 - 4件を表示

マンガ 日本の歴史〈37〉寛政の改革、女帝からの使者 (中公文庫)のその他の作品

石ノ森章太郎の作品

ツイートする