柳絮 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.56
  • (2)
  • (6)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122035508

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 作者の井上氏は この小説を書いてから全く書かなく?書けなくなった。体調不良なのか、残念である。

  • 井上祐美子さんの中国ものはどれも好きですが、「非花」とか女性中心のお話は特に素晴らしいと思います。

  • 国の盛衰と名家の盛衰を、「柳絮の才」と呼ばれた謝道ウン(漢字出ません)という女性の視点から描かれた話。謝道ウンは東晋の謝安の姪、謝玄の姉で、また書家として有名な王羲之の義理の娘です。謝道ウンの一人称で昔を振り返りながら語られているのですけど、有名な肥水の戦いが現実問題として目の前にあるような気がして、こうやって歴史は綴られていくんだなと思わされました。それから、中国人の名前は覚えるのに一苦労なのですが、何度も繰り返してあって分かりやすかったです。
    2003/03/27

全3件中 1 - 3件を表示

柳絮 (中公文庫)のその他の作品

柳絮 単行本 柳絮 井上祐美子

井上祐美子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
井上 祐美子
宮城谷 昌光
井上 祐美子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする