完訳フロイス日本史〈7〉宗麟の改宗と島津侵攻―大友宗麟篇(2) (中公文庫)

制作 : 松田 毅一  川崎 桃太 
  • 中央公論新社
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122035867

作品紹介・あらすじ

キリシタン嫌いの夫人を離別し新夫人を娶って、フランシスコの教名で改宗した大友宗麟は、キリシタンの理想郷を目ざし日向に進出する。島津軍と合戦史上名高い耳川で戦い、敗れて豊後へ戻る…。フロイスはこのころ、豊後で布教に従事しており、その記述は詳細をきわめる。毎日出版文化賞、菊池寛賞受賞。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 菊池寛賞、毎日出版文化賞
    著者:ルイス・フロイス(1532-1597、ポルトガル・リスボン、カトリック司祭)
    訳者:松田毅一(1921-1997、高松市、歴史学)、川崎桃太(1915-、長門市、歴史学)

  • 本書は、ルイス・フロイスの著作『日本史』の一部で、豊後の様子を中心に綴られた箇所である。大友宗麟が自らの本拠地を臼杵に移した辺り以降のことが綴られるのが本書だ。
    「古典を愉しむ」好い時間を満喫出来る一冊…

全3件中 1 - 3件を表示

ルイス・フロイスの作品

ツイートする