完訳フロイス日本史〈8〉宗麟の死と嫡子吉統の背教―大友宗麟篇(3) (中公文庫)

制作 : 松田 毅一  川崎 桃太 
  • 中央公論新社
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122035874

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大友家と島津家の抗争が激化し、豊臣秀吉の九州進攻が在り、大友宗麟が逝去し、やがて大友家が改易となってしまう辺りまでのことに言及が在る。


    “大名”ともなれば、様々な毀誉褒貶が在るのであろうが…大友宗麟の事跡や人物に言及が在る古典に触れ、益々関心が強まった…ルイス・フロイスの作品の、読了した部分は、大友家の衰亡への物語という感になるであろうか…時にはこうした作品も好い…

全2件中 1 - 2件を表示

ルイス・フロイスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
サイモン シン
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする