完訳フロイス日本史〈12〉キリシタン弾圧と信仰の決意―大村純忠・有馬晴信篇(4) (中公文庫)

制作 : 松田 毅一  川崎 桃太 
  • 中央公論新社
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122035911

作品紹介・あらすじ

秀吉の弾圧と迫害の嵐のなか、着実にしかも強固に信仰の広がりを見せる、天草や島原等のキリシタンの姿を描く。また日本で最初にイエズス会員に採用された日本人・ロレンソ修道士や有馬の教会での少年使節の祝賀式典を詳細に記す。全12巻を通してのキリシタン年表付。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 菊池寛賞、毎日出版文化賞
    著者:ルイス・フロイス(1532-1597、ポルトガル・リスボン、カトリック司祭)
    訳者:松田毅一(1921-1997、高松市、歴史学)、川崎桃太(1915-、長門市、歴史学)

全2件中 1 - 2件を表示

ルイス・フロイスの作品

ツイートする