四季の英国紅茶 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.63
  • (2)
  • (6)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (149ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122036345

作品紹介・あらすじ

イギリスにおいて、紅茶は、過去三百年の間に、優雅に洗練された文化になった。イギリス人は日本人が四季を愛するように、四季折々に紅茶を楽しむ。春は華やかに、夏はさわやかに、秋はゴージャスに、そして冬は暖く。豊かになったわたしたちの生活は、英国紅茶の「ゴールデン・ルール」を学ぶことによって真の豊かさを得ることができるだろう。紅茶好きにおける絶好の書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ダージリンのファーストフラッシュを買ったので、紅茶の本を再読してみようと思います。

  • 発行年が古いものなので内容は多少時代を感じますが、今読んでも十分に楽しめる内容です。
    文庫版ながらカラー挿絵が多数掲載されていて、ちょうどお茶を飲みながら眺めるように読みました。

  • 紅茶を飲む時間をもっともっと楽しみたくなる。

  • 単行本を持っていますが、画像がないので、文庫版で登録。

  • 挿絵がきれい

  • 入院中に病院文庫で。

全6件中 1 - 6件を表示

四季の英国紅茶 (中公文庫)のその他の作品

出口保夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
梨木 香歩
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする