虹色のトロツキー (7) (中公文庫―コミック版)

著者 :
  • 中央公論新社
3.90
  • (6)
  • (7)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122037069

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 戦争に参加することで高まっていく高揚感の描き方が怖い。コミカルな描写が多少加えられることによって、戦争の異常さみたいなものが浮き彫りになっているような気もする。次で最終巻。

  • うわー、一気にのめるこむ展開になった。やっぱ戦場で、緊迫感が違うからかなあ。
    あと、悪役の魅力的なのもいい。悪役に限らず、脇役のキャラも立っている。

    特に出征の場面、ウムボルトの義父が大喜びで「国のためにがんばれ」と激励するシーンは最高にいい。
    戦争がいかに「善良」な市民を狂わせるかが、ものすごく象徴的に描かれている。この一コマで鳥肌が立った。

  • 中国、長春などを舞台とした作品です。

全3件中 1 - 3件を表示

安彦良和の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする