見なれた町に風が吹く (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (321ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122037113

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 10101

    去年だったか、とあるカルチャーセンターのような所で
    「映画の見かた、楽しみかた」についての講座に三ヶ月ほど通ったことがある。
    ひとくちに映画といっても奥が深く、自分もまだまだ勉強だなと思いましたが。
    この小説の主人公、30代のOL香子も退屈なアフターファイブを持て余して
    何となくカルチャー教室の映画講座を受講し始め
    そこで知り合ったプロデューサーに誘われて映画制作の世界に踏み込んでいくことになる。

    彼女を取巻くのは海千山千の映画人。
    大御所の映画監督、下積みのまま終わりそうな大部屋俳優、ちょっと遊び人風の危険なカメラマン。
    はたして映画は無事に完成にこぎつけるのか・・・。

    けして映画に対する情熱をアツく描いた作品ではありませんが
    日の当たらない業界の陰を生きる映画人たちの人生観が、さりげないやりとりににじみ出ています。
    その屈折感やかすかなニヒリズムが、都会の片隅で生きる人間を描いてきた作家・山田太一の味でしょう。

    変わり映えしない日常を送っていた平凡な主人公に、ちょっとしたきっかけで別世界の扉が開く・・・
    このへんも小説の中だけの夢物語かもしれません。実際にはどうなんですかね。
    僕のほうは結局、何にもないまま淡々と講座を修了。別に映画をつくりたかったわけでもありませんが、その後もあいかわらずの毎日です。
    この本を読むと、行動すれば何かが変わるかもしれないと思わされる。見なれた(見飽きた)風景の中に、風を吹かせてみたいものです。

    (サイト「本のある時間」掲載)

全1件中 1 - 1件を表示

見なれた町に風が吹く (中公文庫)のその他の作品

見なれた町に風が吹く 単行本 見なれた町に風が吹く 山田太一

山田太一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする