桃花源奇譚―月色岳陽楼 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.76
  • (12)
  • (13)
  • (24)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 83
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122037830

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 岳陽楼では、今までにない緊張感
    …そして現れる面々(@´゚艸`)
    ご都合主義でも何でも
    やっぱり、こういうのがなくちゃ!

  • ひゃーっ!感動の母子再会までやっと、もうちょっと、あと一歩だったのにぃ~!その他は、いろんな場面で上手く行き過ぎな感もありますが、これもまた運命の星のもと、設計図どおり事が運ぶ面白さですね。白公子が自らの手で世を正して行こうと思い直し始めたところが頼もしい。大団円になるであろう次巻の最終巻が楽しみです。

  • キャラも出揃いいよいよ盛上がって来た。
    キャラ達の台詞回しにも慣れてきた。

    最終巻へひきは見事。

  • どんどん面白くなるんですけど、うわあ。
    見え隠れしてた狄妃もかなりすてきな女性です。お母さん! 息子自慢もほどほどにー

  • おぉ、仲良しさんになるのね。

全7件中 1 - 7件を表示

井上祐美子の作品

ツイートする
×