新幹線開発物語 (中公文庫―BIBLIO20世紀)

著者 :
  • 中央公論新社
3.64
  • (1)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122039513

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 世界一速い鉄道をつくろう
    元鉄道管理官が語る夢の超特急開発のすべて
    20世紀最大の国家事業、新幹線建設、時速200キロ実現までの試行、
    安全運転のための自動列車制御装置の開発、列車妨害対策、ルート選定、
    用地買収構想などすべてを含んだ、世界最高のモノを作る技術の記録。
    中公新書「東海道新幹線」(1964年刊)を加筆・訂正。

    文庫は2001年の刊。10年以上積読状態でした。
    新幹線計画に携わった著者による真面目な本で、興味深い内容が満載です
    が、読むのに骨が折れます。
    本書のベースとなった新書版は、新幹線開業を間近に控えた時期に出版
    出版されたという。本書の記述をみても会場前の未知の雰囲気が感じら
    れる。著者は新幹線の山陽延伸に慎重な見方をしている。あくまで交通
    需要を勘案したうえで考えるべきとしているが、計画は膨張し国鉄経営
    は再起不能に陥る。50年前の記録を現在読めることは、占いの結果を
    知るようでなかなか面白い。
    計画されていたものの実現していないものに、新幹線による貨物輸送が
    ある。後世の記録を読むと「貨物計画は世界銀行の融資をえるための方
    便」というニュアンスであるが、本書を読むとなかなか真面目に計画さ
    れていたことがわかる。
    文庫版には、2001年時点での加筆が行われている。「新幹線その後」
    にある「新幹線は薄利多売で行くべきだったが、政治は新幹線の競争力を
    失わせるほどに運賃料金を値上げした」という分析は面白い。
    もし、薄利多売でいったらどうなったであろうか、航空機との競争も含め
    IFを考えるのも面白い。

全1件中 1 - 1件を表示

角本良平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする