還魂の花灯―長安異神伝 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.92
  • (8)
  • (8)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 55
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122040199

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • シリーズ第4弾。今回は閑話休題といったところ。天帝と二郎さんの睨み合いはない。
    結局二郎さんは女の名前を思い出すことは出来なかった。哀れ。
    二郎さんが正式に翠心にプロポーズ。これまで養父の玄成との意地の張り合い(娘を浚われる父親と浚う男の攻防戦)でウジウジやってけど、やっと重い腰を上げた模様。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

井上祐美子
姫路市生まれ。神戸大卒。『長安異神伝』『桃花源奇譚』
などで人気を博した後、本格的な中国歴史小説に取り組み、『桃夭記』で吉川英治文学新人賞候補となる。『五王戦国志』『非花』『海東青 摂政王ドルゴン』『臨安水滸伝』『公主帰還』『紅顔』『朱唇』『青天 包判官事件簿』ほか著作多数。

「2022年 『新装版 桃花源奇譚4 東京残桃夢』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井上祐美子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
井上祐美子
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×