女帝エカテリーナ 上 改版 中公文庫 B 17-3 BIBLIO

  • 中央公論新社
3.47
  • (2)
  • (6)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 47
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (339ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122040441

作品紹介・あらすじ

ドイツの小領主の家に生まれたエカテリーナは、ロシアの皇帝に嫁す。うちつづく試練と果てしない闘争。十八世紀ロシアの広大な世界を舞台に、権力と愛欲と啓蒙に生きた彼女の華麗で波瀾万丈の生涯がここに始まった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 登録し忘れてた。上巻は何の権力もろくな後ろ盾も財産も持たない女の子の成長と立身出世の物語。
    エカテリーナの人生のあらましを知っていても、次に何が起こるのかわくわくして、上巻はページをめくる手が止まらなかった。
    帝位が安定してからは、エカテリーナの革新的な思想はヨーロッパのインテリに一目置かせるためだけのポーズになってしまうし、物語の主人公らしい気高さが傲慢さに取って変わってしまって、あまり面白くないのね。
    ヨーロッパの歴史的には、エカテリーナの権力が安定してからが大事なんだけど。

  • 池田理代子さんの漫画「女帝エカテリーナ」の原作を読みたくて購入。
    驚くほど読みやすい本で、同時期に購入した「カトリーヌ・ド・メディシス」の海外作品の独特の読みにくさと比べると、スッと喉を通って胸にストンと落ちていく。

  • 帝政ロシアを最大限に拡大せしめた女帝の物語。政略結婚でドイツラブ☆なピョートル皇太子に嫁ぎ、ロシアと結婚すると腹をくくって生き抜いた姿が見事だと思う。
    英雄色を好むではないけど、ピョートルがダメなら家臣の色男・・・と肉食の走りでしょうか?

  •  エカテリーナという人は、実際の行動や政策とは関係なく、一貫していて純粋、無邪気で才気煥発な「印象」を残すのがすごいところ。少なくとも、果断で、自信に満ちあふれていたというのは明らかです。目的の質や正しさはともかくとして、自分のすべきことをはっきりと把握して、そのための努力を怠らないという性格は、生涯を通じて変わっていないし、尊敬すべき美徳だと思いました。
     しかし、これほどの大人物でもやはり老害は避けられないんですね。エカテリーナの子どもに傑物がいないことも残念。あのつまらない夫(ピョートル三世)との子どもならともかく、ほかの男とのあいだにできた子どもたちなのに。エカテリーナの愛人たちでいちばん魅力的なのはやはりポチョムキン。あと佳人薄命なランスコーイですね。夭折するから印象が余計に美化されて、前後の愛人たちが醜く見えるというおまけ付き。
     ロシア宮廷に感じる得体の知れない怖さや、トロワイヤも何度も言及するスラヴ民族の異質性についてもう少し知りたいので、そのうち『イヴァン雷帝』あたりも読みたいです。

全3件中 1 - 3件を表示

アンリ・トロワイヤの作品

ツイートする
×