初登攀行 (中公文庫BIBLIO)

著者 :
  • 中央公論新社
3.29
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122040618

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • RCCⅡに代表される冬の岩壁登攀の黄金時代。
    1950年代後半から1960年代前半にかけての「スーパーアルピニズム」な時代に、
    最も輝いていたクライマー松本龍雄さんが書いた貴重な山岳書。
    専門用語が多く素人向けではありません。
    もっと知識をつけてまた読みます。

  • 谷川岳、穂高を中心とした松本氏の青春登攀記録。

    講談社文庫の一連の山岳シリーズで同時代の人々の活躍とクロスしていくのが面白い。『喪われた岩壁』などと一緒に読んでいくとさらに楽しさは倍増する。

    日本の登山史を描いてきた人達だが、それぞれの視点や登山に対する考えが違うのがわかる。

全2件中 1 - 2件を表示

初登攀行 (中公文庫BIBLIO)のその他の作品

松本竜雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする