佐用姫伝説殺人事件 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 19
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122040670

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • よくあるパターンであるが、犯人に対する思い入れ、同情を読者の心に残す作品の一つである。
    内田康夫の伝説シリーズは殺人事件の推理よりもむしろ取り上げられた題材にかかる綿密な取材に基づいた歴史、文化あるいは人物など、学術書に書かれている以上の情報を与えてくれるところに魅力を感じる読者も多いのではないかと思う。
    本書は「有田焼」を題材とし、作品の製作にまつわる利害関係と、それらを取り巻く人間模様が、悲惨な殺人事件の引き金となっている。
    犯人は、いつもながら「意外な人」であり、それでもたいていは予想できるのだが、今回については全く予想の圏外であった。

  • 佐賀が舞台。佐賀弁癒される〜。

  • 有田焼、佐用姫の流布の話。

全3件中 1 - 3件を表示

佐用姫伝説殺人事件 (中公文庫)のその他の作品

内田康夫の作品

ツイートする