放浪の戦士〈1〉―デルフィニア戦記 第1部 (中公文庫)

著者 : 茅田砂胡
  • 中央公論新社 (2003年1月1日発売)
4.09
  • (238)
  • (139)
  • (169)
  • (7)
  • (1)
  • 1097人登録
  • 175レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122041479

放浪の戦士〈1〉―デルフィニア戦記 第1部 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • うゎ、なにこれ!すごく面白い!!
    1巻しか借りてこなかったよ、うわぁー。早く続きが読みたい。今日図書館休みー!(グルグル)
    こんなふうにワクワクする本に出会えたのは、久しぶりだ。

    皆さんのレビューでもちらほら見かける「十二国記」 まさにその雰囲気。偉丈夫で柔軟な思考を持つウォルと金髪で見目は麗しく且つ人外の能力を持つリィは、尚隆と六太っぽいよな。
    ウォルのおおらかさ、
    一見野生児のリィの思慮深さ、すごく好き。

    勧善懲悪だけど、悪とされるペールゼン侯爵も人格者だというのは存外だった。ただその周囲が小物なのでちょっと不憫。

  • 昨年末に著者の通称弁当箱を読み終えて、文庫版には大幅な加筆があることを知ったからには文庫版を読み直さないわけにはいかないなぁということで、新書版で持っているのに新たに文庫版で読み直し。やっぱり面白いことを再確認しつつ、読み直しです

  • 友人が、「日本人でこの本を読んだことがないなんて、そんな勿体無い話はない」と豪語していたので、手にとった。
    なるほど、よどみなく読める。輸入もののファンタジーの長編は翻訳で不自然な日本語になりがちだったり、文化や歴史の違いから、作者の意図することが察しにくいことがある。和製洋物ファンタジーは、そういった問題こそないものの、三流小説になりがち。しかしデルフォニア戦記は、いわゆる「プロの犯行」。恐ろしいほど完成度の高い和製洋物ファンタジー。
    読みやすさは抜群だけれど、なにせ指輪物語を超える長編だ。クラッシュ・ブレイズまで読み終えるのはかなり先になりそうだ。

  • 本屋で何か惹かれて、立ち読み。購入決定。
    帰って読んで、すぐに二度読み。
    結構な回数読み直しています。

  • 201711

  • 男は剣を揮っていた。黒髪は乱れ日に灼けた逞しい長身のあちこちに返り血が飛んでいる。孤立無援の男が今まさに凶刃に倒れようとしたその時、助太刀を申し出たのは十二、三と見える少年であった-。
    流浪の国王ウォルと、異世界から落ちてきた少女リィ。孤独な魂の邂逅からはじまった旅。真っ直ぐなリィの言葉が心に沁みます。デルフィニア戦記 第一部(全4冊)。

  • 最初は定番ファンタジーだと思って読み始めたら、定番だけどぐいぐい引き込まれて気がつけばどっぷりタイプの話でした。まとめて読みたくなります。

  • 「精霊の守り人」シリーズ同様、「十二国記」が好きな人に、というオススメを見て読んでみた。とりあえず放浪の戦士編ということで1~4巻まで。
    こちらはわかりやすい悪役と、ヒーロー・ヒロイン?が登場するテンプレみたいな冒険物語。書き手としてはだいぶ素朴で拙いが、その分文字で書いた紙芝居みたいにさらさらと読める。1冊読むのに数時間。読み返す気にはならないな。
    中世っぽい架空の世界が舞台になっているが、世界観が書き込まれているわけではなく、単に物語の背景となっているだけなので、ファンタジー的な楽しみはない。

  • 始まりの物語。この物語のレビューは、いつかきちんと書いてみたいと思うのだけど、いつもいつも書き出せない。この物語は、この物語のためだけに存在している。最後の節でいつも、馬蹄の音、地響きの音が、聞こえる。

  • 物語のテンポがとても良いですね。主人公ともう一人の会話が楽しいです。

    話の流れもつかみやすいのでサクッと読めました。これからどうなっていくのかが楽しみです

全175件中 1 - 10件を表示

放浪の戦士〈1〉―デルフィニア戦記 第1部 (中公文庫)のその他の作品

茅田砂胡の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
荻原 規子
荻原 規子
荻原 規子
有効な右矢印 無効な右矢印

放浪の戦士〈1〉―デルフィニア戦記 第1部 (中公文庫)に関連する談話室の質問

放浪の戦士〈1〉―デルフィニア戦記 第1部 (中公文庫)に関連するまとめ

放浪の戦士〈1〉―デルフィニア戦記 第1部 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする