アール・ヌーボーの世界―モダン・アートの源泉 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.44
  • (3)
  • (2)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 76
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122041523

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ロココ調が好きです!アールヌーボーが好きです!

    天蓋付きのベッド、猫足のバスタブ、金と白が貴重の家具、花柄のソファ…映画「マリーアントワネット」のセットみたいなお部屋で暮らしてみたい。ベルサイユの薔薇、宝塚…女子なら誰もが一度はお姫様に憧れたことがあるのでは。

    アールヌーボーと言えば、ビアズレーとミュシャ。よく並べて紹介される両者だけど画風は対極にあるような…

    ビアズレーは黒白、蠱惑的、悪魔的で線の美しさが天才的、一方ミュシャは優美で華やか、たおやかで慈愛を感じる濃やかな色使いの名手だと思う。どちらも大好きだけれど、ビアズレー→画集を眺めて溜息、ミュシャ→部屋に飾ったりポストカードを人に贈りたい、と言うのが個人的感想。
    手元にないですが折に触れ読み返したくなる本です。

    • まろんさん
      ミュシャ!大好きです♪
      あの柔らかな描線と色づかい!

      「たおやか」という表現、私がミュシャに抱いているイメージにまさにぴったりで、
      het...
      ミュシャ!大好きです♪
      あの柔らかな描線と色づかい!

      「たおやか」という表現、私がミュシャに抱いているイメージにまさにぴったりで、
      hetarebooksさん、さすが!とうれしくなりました。

      天蓋つきのベッドに憧れて、大学時代、狭い寮の部屋で
      備品の機能性一辺倒のベッドにフリルとレースいっぱいのカバーをかけ
      美術学部の友達を学食の「スペシャルランチ」で釣って
      ベッドの上にカーテンレールを張り巡らせた贋天蓋を作らせたのは、私です!
      そして、最近やっと猫足のピアノ椅子を手にいれて、
      眺めては悦に入っています(笑)
      2012/09/22
    • hetarebooksさん
      まろんさん、ミュシャいいですよね~!!本当に美しくてうっとりしていまいます。

      寮のお部屋がロココ調!さすがまろんさん!贋天蓋、私も作り...
      まろんさん、ミュシャいいですよね~!!本当に美しくてうっとりしていまいます。

      寮のお部屋がロココ調!さすがまろんさん!贋天蓋、私も作りたかった!!!
      他のお部屋はともかく、寝室だけはロココ!お姫様が着るようなふわんとドレープたっぷりのナイティをPJで取り寄せたものの、朝にはお腹丸出しで目覚めたのは、私です!(笑)

      猫足のピアノ椅子…うっとりしてしまいますね❤
      2012/09/24
  • アール・ヌーヴォーの歴史と思想を分かりやすく解説した入門書であり、さまざまな分野にまたがってエッセイを執筆している著者の、単著としてははじめての本でもあります。

    歴史に関する解説では、とくにラスキンとの比較を通じて、アール・ヌーヴォーの特徴を浮き彫りにしています。ラファエル前派からラスキンを経てW・モリスのアーツ・アンド・クラフツ・ムーヴメントにいたるイギリスの芸術運動は、アール・ヌーヴォーと多くの特徴を共有しています。しかし著者は、ラスキンがターナーを評価する一方でホイッスラーを批判しているところに、イギリスにおける「狭さ」を指摘します。ホイッスラーは、芸術において道徳的責任からの自由をめざしており、そこに彼の近代的なデカダンスの立場を見いだすことができます。ラスキンが嫌ったのは、まさにこの点でした。さらに著者は、ホイッスラーが日本の浮世絵に色と形の抽象主義を見いだすことで、歴史的な枠からの超出をなしえたことに触れて、イギリスの線的なゴシックに対置される、平面の重視という性格を取り出しています。

    また、「見ること」をめぐって印象派の立場からの発展として、アール・ヴォーボーを特徴づけるという試みがなされています。印象派の絵画論からの脱却の道は、セザンヌによって見いだされました。このことを著者は、ルネサンス的な遠近法の中から「奥行」がせり上がってきたと解釈しています。こうしたアール・ヌーヴォーの特徴は、「見ること」を構成としてとらえようとしたK・フィードラーやA・リーグルらの芸術学、あるいは『見えるものと見えないもの』で現象学的な視覚論から「奥行」を梃子にすることで存在論への移行を図ったメルロ=ポンティの芸術論との共鳴が指摘されます。

    興味深い論点がいくつも示されており、おもしろく読みました。単なる概説ではなく、アール・ヌーヴォーの思想的意義についての著者の解釈が展開されている、意欲的な入門書だと思います。

  • アール・ヌーヴォーを知りたいときの入門編に最適。

    (1987年06月15日読了)

  • アール・ヌーボーの成立と影響を分かりやすく解説してた。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1939年東京生まれ。評論家、作家。早稲田大学ロシア文学科卒業。平凡社に勤務。『太陽』編集長を経て、独立。

「2021年 『ロンドンの誘惑 1970's ロンドン・カルチャーの世界』 で使われていた紹介文から引用しています。」

海野弘の作品

アール・ヌーボーの世界―モダン・アートの源泉 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×