赤道南下 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.20
  • (1)
  • (0)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122042339

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 作者が従軍記者として南洋で海軍と共に軍艦で過ごした時の日記。

    日の丸万歳の世界で、当時の軍記者としては当然の記述だろうが、戦後に読むと何とも現実を分かってない盲目的な右翼みたいな記述で結構冷める。

  • まぁ、何というか、何ですなぁ。戦争の狂気というものは、こうして「普通」になっていくものなのかなぁと思いました、はい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1897-1949。推理小説家。日本SFの草分け。主な作品に、「電気風呂の怪死事件」「深夜の市長」「赤外線男」「蠅男」「十八時の音楽浴」「地球盗難」「火星兵団」など。

「2018年 『海底大陸』 で使われていた紹介文から引用しています。」

海野十三の作品

ツイートする