中国の古代文学〈2〉史記から陶淵明へ (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122042414

作品紹介・あらすじ

古い国家の羈絆から解き放たれ、自らの運命に生きはじめた孤独な生活者たち。彼ら「士人」は体制への埋没を拒否し、自然の情感に沿って天の道に合しようとした。「天道是なるか非なるか」と厳しく問うことによる文学精神の成立から、現実を避けて桃源郷を求める創作詩にまでいたる、文化の道筋を探る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1巻同様、少々不満の残る内容。本人もまとまりのなさについて、あとがきで触れているが、学問的なものというより、エッセー的なものと考えた方が良いかもしれない(エッセーというには難解過ぎるが)

全1件中 1 - 1件を表示

中国の古代文学〈2〉史記から陶淵明へ (中公文庫)のその他の作品

白川静の作品

ツイートする