オデュッセウスの航海―マンガ・ギリシア神話〈8〉 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.62
  • (5)
  • (4)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122043886

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とうとうこのギリシャ神話シリーズも最終巻です。
    前巻でのトロイア戦争で大活躍した英雄オデュッセウスが主人公。
    戦争を勝利に治めたオデュッセウスは妻子を残したイタカを目指して帰路の旅をするが困難の連続である。
    結局、20年の歳月を経て帰国する。
    妻のペネロペは夫を信じる従順さで、ただただ待ち続ける。
    二人の再会のシーンは涙もの。
    もう一生離れるなよ幸せになれよと祈りたくなる。

    後半はギリシャ神話の小さなエピソード集。
    聞いたことがある話もあり「王さまの耳はロバの耳」の話もある。

    私のイチオシは、「バウキスとピレモン」の話。
    欲がない老夫婦のひとつだけの望みは同時期に死ぬこと。

    人生最期の「その時」のシーンは最高!

    こんなふうに幕引きたいものだ。

  • 2014年11月20日読了。里中満智子によるギリシア神話まんがシリーズ最終巻。トロイア侵攻の戦いを経てギリシアで待つ家族の本に帰ろうとする智将オデュッセウスの辿った苦難の航海譚。トータルで言うと「人間が自分の力だけを過信する傲慢さを神がいさめる」という話なのだが、海の怪物が襲ってきたり岩が船を押しつぶそうとしたりという直接的な脅威に加えて「故郷を忘れてこの島で美女とたのしく暮らそうか」という誘惑にオデュッセウスが何度も捕らえられる(それでも帰郷を目指す)のが、リアリティがあるというかギリシア神話らしいというか面白いところ。それでも故郷に帰りついたオデュッセウスはいいが、彼を信じ付き従ってきたにもかかわらず残らずSATSUGAIされてしまった仲間たちは哀れ。彼らに比べると安穏とした暮らしのため島に残ったメンバーは正解、無理せずラクな道を選ぶのが人生の正解になることも時にはあるよ、ということなのか。うーむ。

  • 8/8。オデュッセウスとペネロベ。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

里中 満智子(さとなか まちこ)
1948年、大阪市生まれの漫画家。大阪芸術大学教授。
1964年に第1回講談社新人漫画賞を受賞、16歳でデビュー。そのため、大阪市立桜宮高等学校を中退する。
日本書紀からギリシャ神話まで、スケールの大きな物語を数多く手掛け、漫画や文化の普及に向け多くの活動に関わっている。
代表作として『天上の虹』『海のオーロラ』『アリエスの乙女たち』『あすなろ坂』ほか多数。1972年『あした輝く、姫が行く』で講談社出版文化賞、1982年『狩人の星座』で第6回講談社漫画賞、2006年に日本漫画家協会賞文部科学大臣賞をそれぞれ受賞した。

里中満智子の作品

ツイートする