真夜中の太陽 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.31
  • (10)
  • (13)
  • (56)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 228
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122044074

作品紹介・あらすじ

二十一世紀は二十世紀の続きなのか?政界における多数派シンドローム、企業の膨張至上主義、崩壊する安全神話、続発する警察の不祥事…。日本の行き詰まった状況をウィットとユーモアあふれる語り口で浮き彫りにする痛快エッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 政界における多数派シンドローム、企業の膨張至上主義、崩壊する安全神話、続発する警察の不祥事…。今も変わらないテーマを縦横無尽に語りつくす時事エッセイです。「21世紀は20世紀の続き」かの知れません。

    この本が出版されたのが2001年なので、書かれている時期は20世紀の終わりから21世紀のはじめの出来事が中心となっています。ここに書かれているのはいわゆる「時事ネタ」要するにそのときの時事を基にしたエッセイですが、今読んでもその内容がまったく古びていないということに、僕自身驚きを隠せません。

    この本のコピーにいわく「21世紀は20世紀の続き?」という言葉が、重い意味を持っていると思うのはきっと僕だけではないと思います。企業が内部留保を持ちながらもリストラまたリストラを繰り返していることに怒り、ロシアのボリジョイが市場経済を意識したがゆえに肝心の芸術のクオリティが下がりっぱなしなことに憤りを感じ、天変地異の続く中で保険の契約に関して疑問の声を上げる。

    しかし、そんな「お堅い」話が続く中でもロシアの文豪であるトルストイが
    「セックスほど罪深いものはなく、子供を産む目的以外でするものではない」
    と書き残していながら、自身は「お盛ん」だったという話などもあったりと、彼女が以下に教養人であったかということが文章の節々から感じることができて、あっという間に読み終えることができました。

    彼女は2006年にがんで56歳の若さで逝去されてしまったと、「異能の外交官」という異名を取った佐藤優さんの本で知ることになったのですが、彼女がもしまだ存命だったらどのようなことを発言していただろう…。そんなことを考えています。扱っている話には時代を感じさせますが、その考察には現在も十二分に納得できるものが多いので、面白いと思います。

  • 米原さんの考え方にはいつもなるほどぉ〜と唸らされる。自分ももっと物事を深く考えられる人になりたい。

  • 2018年1月12日高橋

  • 日本で生まれて日本で育ったことを、恵まれているとは思いつつも、どこか不完全感をぬぐえない自分が生まれてくるよう・・・

  • 十数年前に書かれた時事エッセイ集。でも全然古さを感じない。特にロシア危機なんてまさに今も通ずること。人間は進歩しているようで同じところをグルグル回っているだけなのかもしれない。
    定期的に米原万里ブームが来る。この本も図書館で借りたの何回目だろう。(いい加減買えや)

  • 米原さんってものすごく頭のいい人だったんだなあ。日本を客観的に見たり、世の中の先を読んだりすること、そしてそれを読みやすい形で表現することに長けている人。これ読んで、日本の立ち位置が分かったような気がする。10年以上前に書かれたものなのに、ちっとも古さを感じなかったなあ。現代も斬ってもらいたかった。惜しい方をなくしたなと思った。

  • 「婦人公論」や「ミセス」向けに書かれたエッセイ。米原万里さんの本はずいぶん読んでいますが、こういう政治批判っぽいエッセイは個人的には好きではないですね。「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」とか最高なんですが。

  • ロシア語通訳、作家で、昨年(2006年)5月に亡くなられた、米原万里さんのエッセイ集。世紀の代わろうとする時期に、これまでを振り返り、今われわれのいる日本社会を再点検します。

    いつもの切れ味鋭い視点にスパイスの利いた小咄を絡ませながら、現代の社会や政治などを、片っ端から俎上に乗せていきます。米原さんの見解には、半ば賛成、半ばは納得のいかない私ですが、エッセイとしては書き出しと最後がぴしっと決まっているので、読み始めるとついページを繰る手が止まりません。賛成できるときは、よくぞ言ってくれました! 出来かねる時はう~ん、うまい展開だねえ、とうなりながら読みました。これはやっぱり、ロシアの小咄がベースにあるテンポなのでしょうか。強烈な皮肉と静かに流れ続けるペーソス。もう新しいエッセイが読めないなんて、本当に残念です。[19 Jan 2007]

  • 2011年9月5日購入。

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1950年、東京生まれ。翻訳家、エッセイスト、小説家。『不実な美女か貞淑な醜女か』で読売文学賞、『?つきアーニャの真っ赤な真実』で大宅壮一ノンフィクション賞受賞。2006年没。

「2016年 『こんがり、パン おいしい文藝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

真夜中の太陽 (中公文庫)のその他の作品

真夜中の太陽 (中公文庫) Kindle版 真夜中の太陽 (中公文庫) 米原万里
真夜中の太陽 単行本 真夜中の太陽 米原万里

米原万里の作品

真夜中の太陽 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする