スカイ・クロラ (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.61
  • (520)
  • (627)
  • (1064)
  • (133)
  • (36)
本棚登録 : 6080
レビュー : 663
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122044289

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 私にはあまりよくわからなかった。
    ホワホワとしていて読み進めるのが難しい。
    調べたら続編あるらしいので続編に期待。

  • 私はこれをナ・バ・テアの次に読みました。

    物語は主人公のカンナミの視点で語られます。
    与えられる情報が少なくて何故戦争をしているのか?此処は何処の国なのか?キルドレとは何か?読んでみても解らない事の方が多いです。

    最初は時系列的な順序で読もうと思いましまたが、作者の意図を汲んで発表順で読んでいくことにしました。


    戦闘機乗りの少年を主人公とした物語。彼はキルドレと呼ばれる特殊な身体能力の持ち主!その為、戦闘機乗りとしては絶対的なエース!しかしその特殊な身体能力の所以か敵を撃ち落としすぎたせいか、彼の心が微妙に歪んでいる・・・

  • 全体的にふわっとしていて、伝わるもの、残るものが何もなかった印象。
    その空虚さが狙いなのであれば、大成功だと思う。
    シリーズ続編を読むか否か、悩みどころ。

  • よく分からないまま終わってしまった。途中何度も眠くなった本だった。実際、寝た。

  • 42
    永遠に歳をとらないキルドレたちが戦争の道具とされ、生きる目的も死ぬ目的も見つからないなか、戦場に駆り出されていく。
    後味悪く、ただ絶望しかない。

  • 日本人作家が書いたSFが読みたいなと思っていたことと映画がとてもおもしろかったことが原因でとても期待値が高い状態で読み始めた。

    うーん、映画の影響がありすぎて本の世界観にいまいち入ることができなかった。
    でも最終章は好きかも。映画とは違う結末だし、メッセージ性も伝わった。善と悪の定義ってむずかしいなと思う。

  • この小説は、ぼくにとっては「好きになりたいんだけど、自分には合わない」にカテゴライズされる作品でした。
    死への衝動について、説明を徹底的に排した文章は曖昧模糊として、ぼくには掴みどころがありませんでした。行間を読ませる小説のつもりなんでしょうけど、その行間が広すぎて、ぼくには埋めることができませんでした。
    ただ、この『スカイ・クロラ』は5冊のシリーズものの最初の作品だそうで、数々のレヴューを巡ってみると、「シリーズすべての作品を読むと、この作品の素晴らしさがわかる」という意見が多いのです。当分、食指は動きそうにありませんが、いつかこの続きを読んでみたいと思います。

  • 「すべてがFになる」が面白かったので読んでみた作品

    極力余計な物を削ぎ落とした文章らしいが
    私には物足りなく感じました

    続編がありますが今の所読む気にはならない

  • 20121229読了。

  • 最初から最後まで物語の内容にいまいちついていけなかった。
    淡々と進むストーリーを目でおっかけてるだけ。

    シリーズものらしいし今後に期待。

著者プロフィール

森 博嗣(もり ひろし)
1957年、愛知県生まれ。作家、元研究者。名古屋大学工学部建築学科、同大学大学院修士課程修了を経て、三重大学工学部助手、名古屋大学助教授。名古屋大学で工学博士を取得し、2005年退職。学会で数々の受賞歴がある。
作家として、1996年に『すべてがFになる』で第1回メフィスト賞を受賞し、同作で作家デビュー。S&Mシリーズとして代表作の一つに。『スカイ・クロラ』シリーズは本人も認める代表作で、2008年アニメ映画化された。その他にも非常に多くの著作がある。

スカイ・クロラ (中公文庫)のその他の作品

森博嗣の作品

ツイートする