味覚極楽 (中公文庫BIBLIO)

著者 :
  • 中央公論新社
3.30
  • (0)
  • (3)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 67
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122044623

作品紹介・あらすじ

歴史文学の名作『新選組始末記』で知られる著者は聞き書きの名人であり、随筆の名手であった。"味に値打ちなし"-明治・大正のよき時代を生きたその道の達人たちのさりげなく味覚に託して語る人生の深奥を聞き書きで綴る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 吉田戦車「逃避めし」に出てきて気になっていたので。

  • 時を超えた話が面白かった。
    誰氏も食には一家言。

  • 吉田戦車さんが、無人島に持っていくならこの一冊らしい

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/4122044626
    ── 子母沢 寛《味覚極楽 1957‥‥ 竜星閣 200412‥ 中公文庫》
    ── 梅谷 松太郎《味覚極楽 192708‥ 東京日日新聞》連載
    http://blogs.yahoo.co.jp/reinayamazaki1932/49993756.html
     
    ── 「味覚極楽」は、記者「梅谷松太郎」が、各界の著名人に「味覚」
    の話を聞き、新聞に掲載し好評を博した記事に、後日、「子母沢寛」と
    なってから感想を書き添えた極めて味わい深い本。
    http://y-kiyo.asablo.jp/blog/2005/12/12/174230
     
     子母沢 寛 作家 18920201 北海道 東京 19680719 76 /籍=梅谷 松太郎/~随筆《ふところ手帖》
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/1962041 座頭市 ~ カツシンの歌が聞える ~
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/20050202 食味喰餐
     

  • 面白かった。
    昔の東京って考えれば、考えるほど、不思議。

全5件中 1 - 5件を表示

味覚極楽 (中公文庫BIBLIO)のその他の作品

子母沢寛の作品

味覚極楽 (中公文庫BIBLIO)を本棚に登録しているひと

ツイートする