“女らしさ”の文化史―性・モード・風俗 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.11
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 39
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122047259

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新書文庫

  • [ 内容 ]
    女らしさはどのように作られたのか?社会と文化に作られた幻想は何故、無意識に受け入れられたのか?
    近代に誕生したモード・美容・小説・絵画の表現や、医学書・作法書の記述から美意識・官能など感覚の変化を辿り、歴史空間のなかで見つめられ規制されてきた「女の身体」の表象を解読、眼差しの構造を浮き彫りにする。
    図版多数収録。

    [ 目次 ]
    序論
    1 語られる身体(女・医学・病;見つめられる女たち;美の表象とレトリック)
    2 身体の規範化(表層の形成;飼いならされる身体―礼儀作法書のディスクール)

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 身体論に興味が持てた本。コルセットあたりは既知の内容だったからかなりすっ飛ばしたけど、“見られる”存在である女性が19世紀にどのように扱われたのかが詳しく論じられている。

    19世紀のフランス文学が多く引用されているので、事前にでも事後でも読み進めて、その小説がどのような時代に書かれたのか確かめながら読み進めてみるのも一興。

  • フランスにおける<女らしさ>の文化を絵画や文学だけでなく、医学書からも考察。身体論。読み途中。

  • こういうのを読むのは初めて。おもしろかった。

全5件中 1 - 5件を表示

小倉孝誠の作品

“女らしさ”の文化史―性・モード・風俗 (中公文庫)に関連するまとめ

ツイートする