はみだしオケマン挑戦記―オーボエ吹きの苛酷なる夢 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.52
  • (2)
  • (7)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122047631

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1冊目もおもしろかったけど、これもすごく楽しかったー!!

    2冊目は、N響に入ってからの色々。そして茂木さんの挑戦。
    プロの音楽家の日々、演奏旅行中の行動日記、そして悩み、葛藤…が、こんなにおもしろく読めちゃっていいんでしょうか?
    引き続き、ついつい笑っちゃうギャグ交じりに、しかし真剣に音楽と向き合う姿と、そしてやっぱり良い音が鳴った時の感激の描写が素敵!!

    演奏旅行先のホテルで火事騒ぎ。(「なにがおきてもビータは続く」より、p.82)
    『怪我人はありませんでした。エヌ・エイチ・ケイ。(中略)火事くらいではN響の本番はなくなったりしないのだ。』
    オオゴトなのに、これじゃ笑ってしまうよ!

    ソロアルバム作り。(「オーボエ吹きの深き欲望」より、p.229)
    『ところが、オーボエには、曲がない。ソナタと言っても、あなたと言っても、サン=サーンス、プーランク、ヒンデミット。おしまい。』
    わかる、わかるけど!!(笑)
    でも、この軽いノリがあって、この後「グラン・パルティータ」をオーボエ五重奏版で演奏・収録するくだりが輝くのだなぁ~♪

    んー!とても楽しかった!!
    さぁ、茂木さんの「モーツァルト・オーボエと弦楽のための作品集」を買ってこようっと!

  • ついこの間、指揮者佐渡裕さんの本を読んだばかり。
    今回は逆にオーケストラのメンバーの側からの本を選ぶ。

    N響の主席オーボエ奏者の著者が、オケ活動(特に旅、茂木用語ではビータ)の日々の傍ら、自主企画のコンサートを催したり、CDを録音する。

    クラシックの演奏家は、勿論コンサートのプログラムを考えたり、レコーディングの時にはサウンドチェックをするんだろうとは漠然と想像していたが、想像を上回るハードさ。
    演奏家自身が集客の心配もするのね...。世の中厳しい。

    N響のツアーでも、ダブルブッキングで部屋がないとか、ホテルのぼや騒動に巻き込まれるとか、まあ、本当にいろいろあること。
    そのあたりを面白おかしく書いていくところが、この人のサービス精神なんだろう。

    一番印象的だったのは、デュトワとのリハーサルの話。
    ただのコンサートの時は、短い時間で、要所を押さえ、それでいてオーケストラに、自分の思うところを表現させる手並みの鮮やかさ。
    しかし、レコーディング前は、メンバーも滅入り、茂木さんも「後頭部毛無紳士」なぞと悪態をつくほどの厳格さを求める。
    こういうことを積み重ねて、あのN響の大変化があったのだなあ、と舞台裏を見た思いがした。

    その後の、アシュケナージ時代や、現在のヤルヴィとのことも読んでみたい。

  • 個人的クラシックブームなので読んでみた
    オーボエについては何も知らないけど読んでみた

    プロの演奏家ってスゴイナー
    自分なんてホールの音響がどうの楽器の鳴りがどうのって
    まったくわからないから
    おっきな音でバーンと演奏されたら「スゲー!」ってなるのに

    知らないことがいっぱい書いてあったので
    なかなか楽しめた
    星は3つ!

  • ぐいぐい読めちゃう。読んじゃった。
    わくわくした。ドキドキしたし、ハラハラした。プロのプライドとはこれ。
    のだめカンタービレがおもしろくてリアルなの、こういうことかぁ、と納得。
    茂木さんの他の本も読んでみたい。茂木さんのジャズもクラシックも生で聴いてみたい。

  • 茂木さんすてきだな~^^
    本もかけて楽器もできておもしろいし
    天は二物をあたえますね
    ドイツとか海外に知り合いがいるっていうのがすてき
    音楽にかかわるひとっていいですね

  • 1冊目ほどの勢いが感じられず、物足りなし。

  • 専門用語も多いのだけど、時々クスッと笑える。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

ミュンヘン国立音楽大学大学院修了(オーボエ専攻)。シュトゥットガルト・フィルを経て一九九〇年よりNHK交響楽団首席オーボエ奏者。九六年から指揮活動も開始。自ら企画も担当し、ときにはスクリーンに画像を投影しながら、さまざまな名曲を解説しつつ演奏するスタイルで全国的に活躍。「のだめカンタービレ」のクラシック監修やコンサートの企画・指揮でも知られる。指揮を岩城宏之、外山雄三、広上淳一、三河正典の各氏に師事。著書に『オーケストラ楽器別人間学』『くわしっく名曲ガイド』『音大進学・就職塾』『読んで楽しむ のだめカンタービレの音楽会』などがある。

「2018年 『オーケストラ楽器別人間学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

はみだしオケマン挑戦記―オーボエ吹きの苛酷なる夢 (中公文庫)のその他の作品

茂木大輔の作品

ツイートする